スポンサーリンク

A231-3 重度アルコール依存症入院医療管理加算(1日につき)

1 30日以内

200点

2 31日以上60日以内

100点

注 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関に入院している患者(第1節の入院基本料(特別入院基本料等を除く。)又は第3節の特定入院料のうち、重度アルコール依存症入院医療管理加算を算定できるものを現に算定している患者に限る。)であって別に厚生労働大臣が定めるものに対して必要な治療を行った場合に、入院した日から起算して60日を限度として、当該患者の入院期間に応じ、それぞれ所定点数に加算する。

A231-3 重度アルコール依存症入院医療管理加算(1日につき)

(1)重度アルコール依存症入院医療管理加算は、アルコール依存症の入院患者に対して、医師、看護師、精神保健福祉士、公認心理師等によるアルコール依存症に対する集中的かつ多面的な専門的治療の計画的な提供を評価したものであり、入院した日から起算して60日を限度として、当該患者の入院期間に応じて算定する。
 なお、ここでいう入院した日とは第2部通則5に規定するものをいい、入院期間が通算される再入院時は算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(2)当該加算の対象となるのは、入院治療を要するアルコール依存症患者に対して、治療プログラムを用いたアルコール依存症治療を行った場合であり、合併症の治療のみを目的として入院した場合は算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(3)当該加算を算定する場合には、医師は看護師、精神保健福祉士、公認心理師等と協力し、家族等と協議の上、詳細な診療計画を作成する。
 また、作成した診療計画を家族等に説明の上交付するとともにその写しを診療録に添付する。
 なお、これにより入院診療計画の基準を満たしたものとされるものである。

<H30 保医発0305第1号>

(4)家族等に対して面接相談等適切な指導を適宜行う。

<H30 保医発0305第1号>

(5)平成31年3月31日までの間、平成30年3月31日時点で臨床心理技術者であった者について、公認心理師とみなす。
 平成31年4月1日から当分の間、以下のいずれかの要件に該当する者を公認心理師とみなす。

  • ア】平成31年3月31日時点で、臨床心理技術者として保険医療機関に従事していた者
  • イ】公認心理師に係る国家試験の受験資格を有する者

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

A231-3 重度アルコール依存症入院医療管理加算

(問58)重度アルコール依存症入院医療管理加算の算定は60日を限度とされているが、再入院の場合の日数計算は入院料等の通則に準じるという理解でよいか。

(答)そのとおり。

<H22/3/29 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク