スポンサーリンク

A236 褥瘡ハイリスク患者ケア加算(入院中1回)

500点

注1 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関に入院している患者(第1節の入院基本料(特別入院基本料等を除く。)又は第3節の特定入院料のうち、褥瘡ハイリスク患者ケア加算を算定できるものを現に算定している患者に限る。)について、重点的な褥瘡ケアを行う必要を認め、計画的な褥瘡対策が行われた場合に、入院中1回に限り、所定点数に加算する。

注2 医療提供体制の確保の状況に鑑み別に厚生労働大臣が定める地域に所在する保険医療機関であって、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出たものについては、「注1」に規定する届出の有無にかかわらず、当該加算の点数に代えて、褥瘡ハイリスク患者ケア加算(特定地域)として、250点を所定点数に加算することができる。

A236 褥瘡ハイリスク患者ケア加算(入院中1回)

(1)褥瘡ハイリスク患者ケア加算は、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして届け出た保険医療機関に入院している患者であって、当該加算の要件を満たすものについて算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(2)褥瘡ハイリスク患者ケア加算は、褥瘡ケアを実施するための適切な知識・技術を有する専従の褥瘡管理者が、褥瘡予防・管理が難しく重点的な褥瘡ケアが必要な患者に対し、適切な褥瘡予防・治療のための予防治療計画に基づく総合的な褥瘡対策を継続して実施した場合、当該入院期間中1回に限り算定する。
 なお、当該加算は、第2部通則5に規定する入院期間が通算される再入院であっても別に算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

(3)褥瘡予防・管理が難しく重点的な褥瘡ケアが必要な患者とは、ベッド上安静であって、次に掲げるものをいう。

  • ア】ショック状態のもの
  • イ】重度の末梢循環不全のもの
  • ウ】麻薬等の鎮痛・鎮静剤の持続的な使用が必要であるもの
  • エ】6時間以上の全身麻酔下による手術を受けたもの
  • オ】特殊体位による手術を受けたもの
  • カ】強度の下痢が続く状態であるもの
  • キ】極度の皮膚の脆弱(低出生体重児、GVHD、黄疸等)であるもの
  • ク】皮膚に密着させる医療関連機器の長期かつ持続的な使用が必要であるもの
  • ケ】褥瘡に関する危険因子(病的骨突出、皮膚湿潤、浮腫等)があって既に褥瘡を有するもの

<H30 保医発0305第1号>

(4)「注2」に規定する点数は、「基本診療料の施設基準等」別表第6の2に掲げる地域に所在する保険医療機関(特定機能病院、許可病床数が400床以上の病院、DPC対象病院及び一般病棟入院基本料に係る届出において急性期一般入院料1のみを届け出ている病院を除く。)の一般病棟において、算定可能である。
 なお、「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」別添2「入院基本料等の施設基準等」第5の6の規定により看護配置の異なる病棟ごとに一般病棟入院基本料の届出を行っている保険医療機関においては、一般病棟入院基本料(急性期一般入院料1を除く。)を算定する病棟で当該点数を算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

(5)「注2」に規定する点数を算定する場合は、褥瘡管理者は、褥瘡リスクアセスメント票・褥瘡予防治療計画書に基づき実施した褥瘡ケアの内容を診療録に記載すること。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク


スポンサーリンク 

A236 褥瘡ハイリスク患者ケア加算

(問57)対象患者に「皮膚に密着させる医療関連機器の長期かつ持続的な使用」が追加されたが、「長期かつ持続的」とは具体的にどれくらいの期間を指すのか。

(答)医療関連機器を1週間以上持続して使用する者が対象となる。
 なお、医療関連機器を1週間以上持続して使用することが見込まれる者及び当該入院期間中に医療関連機器を1週間以上持続して使用していた者も含まれる。

<H30/3/30 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク