モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

B001-2-10 認知症地域包括診療料(月1回)

1 認知症地域包括診療料1

1,580点

2 認知症地域包括診療料2

1,515点

注1 別に厚生労働大臣が定める施設基準を満たす保険医療機関(許可病床数が200床未満の病院又は診療所に限る。)において、認知症の患者(認知症以外に1以上の疾患(疑いのものを除く。)を有する入院中の患者以外のものであって、1処方につき5種類を超える内服薬の投薬を行った場合及び1処方につき抗うつ薬、抗精神病薬、抗不安薬又は睡眠薬を合わせて3種類を超えて投薬を行った場合のいずれにも該当しないものに限る。)に対して、当該患者又はその家族等の同意を得て、療養上必要な指導及び診療を行った場合(初診の日を除く。)に、当該基準に係る区分に従い、それぞれ患者1人につき月1回に限り算定する。

注2 認知症地域包括診療を受けている患者に対して行った「注3」に規定する加算、区分番号「A001」に掲げる再診料の「注5」から「注7」まで及び「注16」に規定する加算、区分番号「B001-2-2」に掲げる地域連携小児夜間・休日診療料、区分番号「B010」に掲げる診療情報提供料(Ⅱ)、第2章第2部在宅医療(区分番号「C001」に掲げる在宅患者訪問診療料(Ⅰ)、区分番号「C001-2」に掲げる在宅患者訪問診療料(Ⅱ)、区分番号「C002」に掲げる在宅時医学総合管理料及び区分番号「C002-2」に掲げる施設入居時等医学総合管理料を除く。)並びに第5部投薬(区分番号「F100」に掲げる処方料及び区分番号「F400」に掲げる処方箋料を除く。)を除く費用は、認知症地域包括診療料に含まれるものとする。
 ただし、患者の病状の急性増悪時に実施した検査、画像診断及び処置に係る費用は、所定点数が550点未満のものに限り、当該診療料に含まれるものとする。

注3 他の保険医療機関に入院した患者又は介護老人保健施設に入所した患者について、当該他の保険医療機関又は介護老人保健施設と連携して薬剤の服用状況や薬剤服用歴に関する情報共有等を行うとともに、当該他の保険医療機関又は介護老人保健施設において処方した薬剤の種類数が減少した場合であって、退院後又は退所後1月以内に当該他の保険医療機関又は介護老人保健施設から入院中又は入所中の処方内容について情報提供を受けた場合には、薬剤適正使用連携加算として、退院日又は退所日の属する月から起算して2月目までに1回に限り、30点を所定点数に加算する。



スポンサーリンク

<通知>

B001-2-10 認知症地域包括診療料

(1)認知症地域包括診療料は、外来の機能分化の観点から、主治医機能を持った中小病院及び診療所の医師が、認知症患者であって以下の全ての要件を満たす患者に対し、患者の同意を得た上で、継続的かつ全人的な医療を行うことについて評価したものであり、初診時や訪問診療時(往診を含む。)は算定できない。

  • ア】認知症以外に1以上の疾病(疑いは除く。)を有する者
  • イ】同月に、当該保険医療機関において以下のいずれの投薬も受けていない患者
    • (イ)1処方につき5種類を超える内服薬があるもの
    • (ロ)1処方につき抗うつ薬、抗精神病薬、抗不安薬及び睡眠薬をあわせて3種類を超えて含むもの

  なお、「イ(イ)」の内服薬数の種類数は錠剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤及び液剤については、1銘柄ごとに1種類として計算する。
 また、「イ(ロ)」の抗うつ薬、抗精神病薬、抗不安薬及び睡眠薬の種類数は区分番号「F100」処方料の「1」における向精神薬の種類と同様の取扱いとする。

<H30 保医発0305第1号>

(2)区分番号「B001-2-9」地域包括診療料の(3)から(7)((4)の「サ」を除く。)までを満たすこと。

<H30 保医発0305第1号>

(4)認知症地域包括診療料1を算定する場合には、区分番号「B001-2-9」地域包括診療料の(6)を満たすこと。

<H30 保医発0305第1号>

(5)当該医療機関で診療を行う疾病(認知症を含む2つ以上)と重複しない疾病を対象とする場合に限り、他医療機関でも地域包括診療加算又は地域包括診療料を算定可能である。
 また、他医療機関で当該診療料又は認知症地域包括診療加算は算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(3)「注3」の薬剤適正使用連携加算については、区分番号「A001」再診料の「注14」に規定する薬剤適正使用連携加算の例によること。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク




スポンサーリンク



B001-2-10 認知症地域包括診療料

(問94)認知症地域包括診療料の算定要件において、1処方につき5種類を超える内服薬の投薬を行った場合は算定の対象とならないこととされているが、内服薬の種類数には臨時の処方によるものを含むか。

(答)臨時の投薬であって、投薬期間が2週間以内のものは除く。

<H28/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問6)屯服薬も内服薬の種類としてカウントするのか。

(答)そのとおり。ただし、疑義解釈(その1)問94において、臨時の投薬であって投薬期間が2週間以内のものは除くこととされており、臨時に1回だけ処方した屯服薬であって、投薬期間が2週間以内のものは、カウントしない。
 同じ銘柄の屯服薬を2回目以降に処方した場合は、臨時の投薬とはいえず、内服薬の種類としてカウントすることとなる。

<H28/6/14 事務連絡:疑義解釈資料(その4)>

(問25)手引きを参考にした抗菌薬の適正な使用の普及啓発に資する取組とはなにか。

(答)普及啓発の取組としては、患者に説明するほか、院内にパンフレットを置くことやポスターを掲示する等の対応を行っていること。

<H30/3/30 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク