モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

B001-2-9 地域包括診療料(月1回)

1 地域包括診療料1

1,560点

2 地域包括診療料2

1,503点

注1 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関(許可病床数が200床未満の病院又は診療所に限る。)において、脂質異常症、高血圧症、糖尿病又は認知症のうち2以上の疾患を有する入院中の患者以外の患者に対して、当該患者の同意を得て、療養上必要な指導及び診療を行った場合(初診の日を除く。)に、当該基準に係る区分に従い、それぞれ患者1人につき月1回に限り算定する。

注2 地域包括診療を受けている患者に対して行った「注3」に規定する加算、区分番号「A001」に掲げる再診料の「注5」から「注7」まで及び「注16」に規定する加算、区分番号「B001-2-2」に掲げる地域連携小児夜間・休日診療料、区分番号「B010」に掲げる診療情報提供料(Ⅱ)、第2章第2部在宅医療(区分番号「C001」に掲げる在宅患者訪問診療料(Ⅰ)、区分番号「C001-2」に掲げる在宅患者訪問診療料(Ⅱ)、区分番号「C002」に掲げる在宅時医学総合管理料及び区分番号「C002-2」に掲げる施設入居時等医学総合管理料を除く。)並びに第5部投薬(区分番号「F100」に掲げる処方料及び区分番号「F400」に掲げる処方箋料を除く。)を除く費用は、地域包括診療料に含まれるものとする。
 ただし、患者の病状の急性増悪時に実施した検査、画像診断及び処置に係る費用は、所定点数が550点未満のものに限り、当該診療料に含まれるものとする。

注3 他の保険医療機関に入院した患者又は介護老人保健施設に入所した患者について、当該他の保険医療機関又は介護老人保健施設と連携して薬剤の服用状況や薬剤服用歴に関する情報共有等を行うとともに、当該他の保険医療機関又は介護老人保健施設において処方した薬剤の種類数が減少した場合であって、退院後又は退所後1月以内に当該他の保険医療機関又は介護老人保健施設から入院中又は入所中の処方内容について情報提供を受けた場合には、薬剤適正使用連携加算として、退院日又は退所日の属する月から起算して2月目までに1回に限り、30点を所定点数に加算する。



スポンサーリンク

<通知>

B001-2-9 地域包括診療料(月1回)

(1)地域包括診療料は、外来の機能分化の観点から、主治医機能を持った中小病院及び診療所の医師が、複数の慢性疾患を有する患者に対し、患者の同意を得た上で、継続的かつ全人的な医療を行うことについて評価したものであり、初診時や訪問診療時(往診を含む。)は算定できない。
 なお、地域包括診療料と区分番号「A001」再診料の「注12」地域包括診療加算はどちらか一方に限り届出することができる。

<H30 保医発0305第1号>

(2)地域包括診療料の対象患者は、高血圧症、糖尿病、脂質異常症及び認知症の4疾病のうち、2つ以上(疑いは除く。)を有する者である。
 なお、当該医療機関で診療を行う対象疾病(上記4疾病のうち2つ)と重複しない疾病を対象とする場合に限り、他医療機関でも当該診療料、区分番号「A001」再診料の「注12」地域包括診療加算、同「注13」認知症地域包括診療加算又は区分番号「B001-2-10」認知症地域包括診療料を算定可能である。

<H30 保医発0305第1号>

(3)当該患者を診療する担当医を決めること。
 担当医は、慢性疾患の指導に係る適切な研修を修了した医師とし、担当医により指導及び診療を行った場合に当該診療料を算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(4)当該患者に対し、以下の指導、服薬管理等を行うこと。

ア】患者の同意を得て、計画的な医学管理の下に療養上必要な指導及び診療を行うこと。

イ】他の保険医療機関と連携の上、患者が受診している医療機関を全て把握するとともに、当該患者に処方されている医薬品を全て管理し、診療録に記載すること。必要に応じ、担当医の指示を受けた看護師、准看護師等が情報の把握を行うことも可能であること。

ウ】当該患者について、原則として院内処方を行うこと。
 ただし、「エ」及び「オ」の場合に限り院外処方を可能とする。

エ】病院において、患者の同意が得られた場合は、以下の全てを満たす薬局に対して院外処方を行うことを可能とする。

(イ)24時間開局している薬局であること。
 なお、24時間開局している薬局のリストを患者に説明した上で患者が選定した薬局であること。

(ロ)当該患者がかかっている医療機関を全て把握した上で、薬剤服用歴を一元的かつ継続的に管理し、投薬期間中の服薬状況等を確認及び適切な指導を行い、当該患者の服薬に関する情報を医療機関に提供している薬局であること。

(ハ)病院において院外処方を行う場合は、以下の通りとする。

①当該患者が受診している医療機関のリスト及び当該患者が当該診療料を算定している旨を、処方箋に添付して患者に渡すことにより、当該薬局に対して情報提供を行うこと。

②患者に対して、当該医療機関を受診時に、薬局若しくは当該医療機関が発行するお薬手帳を持参させること。
 また、当該患者の院外処方を担当する保険薬局から文書で情報提供を受けることでもよい。
 なお、保険薬局から文書で情報提供を受けた場合も、当該患者に対し、事後的にお薬手帳の提示に協力を求めることが望ましい。

③また、診療録にお薬手帳のコピー若しくは保険薬局からの文書のコピーを貼付すること、又は、当該点数の算定時の投薬内容について診療録に記載すること。

オ】診療所において、院外処方を行う場合は、以下のとおりとする。

(イ)調剤について24時間対応できる体制を整えている薬局(以下「連携薬局」という。)と連携していること。

(ロ)原則として、院外処方を行う場合は連携薬局にて処方を行うこととするが、患者の同意がある場合に限り、その他の薬局での処方も可能とする。
 その場合、当該患者に対して、時間外においても対応できる薬局のリストを文書により提供し、説明すること。

(ハ)当該患者が受診している医療機関のリスト及び当該患者が当該診療料を算定している旨を、処方箋に添付して患者に渡すことにより、当該薬局に対して情報提供を行うこと。

(ニ)患者に対して、当該医療機関を受診時に、薬局若しくは当該医療機関が発行するお薬手帳を持参させること。
 また、当該患者の院外処方を担当する保険薬局から文書で情報提供を受けることでもよい。
 なお、保険薬局から文書で情報提供を受けた場合も、当該患者に対し、事後的にお薬手帳の提示に協力を求めることが望ましい。

(ホ)また、診療録にお薬手帳のコピー若しくは保険薬局からの文書のコピーを貼付すること、又は、当該点数の算定時の投薬内容について診療録に記載すること。

カ】標榜診療時間外の電話等による問い合わせに対応可能な体制を有し、連絡先について情報提供するとともに、患者又は患者の家族等から連絡を受けた場合には、受診の指示等、速やかに必要な対応を行うこと。

キ】当該患者について、当該医療機関で検査(院外に委託した場合を含む。)を行うこと。

ク】健康診断や検診の受診勧奨を行い、その結果等を診療録に記載するとともに、患者に提供し、評価結果をもとに患者の健康状態を管理すること。

ケ】必要に応じ、要介護認定に係る主治医意見書を作成すること。

コ】患者の同意について、当該診療料の初回算定時に、別紙様式48を参考に、当該患者の署名付の同意書を作成し、診療録に添付すること。
 ただし、直近1年間に4回以上の受診歴を有する患者については、別紙様式48を参考に診療の要点を説明していれば、同意の手続きは省略して差し支えない。
 なお、当該医療機関自ら作成した文書を用いることでよい。

サ】当該診療料を算定する場合は、投薬の部に掲げる「7種類以上の内服薬の投薬を行う場合」の規定は適用しないものであること。

シ】認知症の患者に対し当該診療料を算定する場合であって、当該患者の病状から、患者への説明及び患者の同意について、患者の家族等への説明及び当該患者の家族等による同意による方が適切と考えられる場合には、当該部分について「患者」を「患者の家族等」と読み替えるものとする。

<H30 保医発0305第1号>

<一部訂正 H30/3/30 事務連絡>

(5)当該医療機関において、院内掲示により以下の対応が可能なことを周知し、患者の求めがあった場合に適切に対応すること。

ア】健康相談を行っていること。

イ】介護保険に係る相談を行っていること。

<H30 保医発0305第1号>

(6)地域包括診療料を算定する医療機関においては、往診又は訪問診療を提供可能であること。
 往診又は訪問診療の対象の患者には、24時間対応可能な夜間の連絡先を提供し、患者又は患者の家族等から連絡を受けた場合には、往診、外来受診の指示等、速やかに必要な対応を行うこと。
 「特掲診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」(平成30年3月5日保医発0305第3号)の第9在宅療養支援診療所の施設基準の「1」の(1)に規定する在宅療養支援診療所以外の在宅療養支援診療所においては、連絡を受けて行う往診又は外来診療の体制について、連携する他の保険医療機関とともに行うことも可能であること。

<H30 保医発0305第1号>

(7)抗菌薬の適正な使用を推進するため、「抗微生物薬適正使用の手引き」(厚生労働省健康局結核感染症課)を参考に、抗菌薬の適正な使用の普及啓発に資する取組を行っていること。

<H30 保医発0305第1号>

(8)「注3」の薬剤適正使用連携加算については、区分番号「A001」再診料の「注14」に規定する薬剤適正使用連携加算の例によること。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク




スポンサーリンク



B001-2-9 地域包括診療料

(問5)月初めに地域包括診療料を算定後、急性増悪した場合等に、月初めに遡って地域包括診療料の算定を取り消し、出来高算定に戻すことは可能か。

(答)可能である。

<H26/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問6)対象疾患を2つ以上有する患者が複数いる場合、地域包括診療料又は地域包括診療加算を算定する患者と算定しない患者を分けることは可能か。

(答)可能である。なお、地域包括診療料と地域包括診療加算の届出は医療機関単位でどちらか一方しか出来ないことに留意されたい。

<H26/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問7)地域包括診療料又は地域包括診療加算を算定する患者ごとに院内処方と院外処方に分けることはできるか。

(答)可能である。

<H26/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問8)地域包括診療料又は地域包括診療加算を算定している保険医療機関におけるすべての患者が、7剤投与の減算規定の対象外となるのか。

(答)地域包括診療料を算定している月、又は、地域包括診療加算を算定している日に限り、当該点数を算定する患者に対して適用される。

<H26/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問9)担当医を決めるとあるが、2つの保険医療機関で当該点数を算定する場合、1保険医療機関ごとに担当医が必要か、又は、他の保険医療機関と併せて1名の担当医でよいか。

(答)当該点数を算定する場合は、1保険医療機関ごとに担当医を決める必要がある。

<H26/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問10)患者の担当医以外が診療した場合は、算定可能か。

(答)算定できない。担当医により指導及び診療を行った場合に算定する。

<H26/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問11)他の保険医療機関との連携とは、整形外科や眼科など、患者が受診しているすべての保険医療機関を指すのか。

(答)その通り。

<H26/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問12)24時間開局薬局、および24時間対応薬局の定義はどのようなものか。

(答)24時間開局薬局とは、以下を満たす薬局である。

・保険薬剤師が当直を行う等、保険薬剤師を24時間配置し、来局した患者の処方せんを直ちに調剤できる体制を有していること。

・当該保険薬局が客観的に見て24時間開局していることがわかる表示又はこれに準ずる措置を講じること。

  なお、防犯上の観点から必要であれば、夜間休日においては、夜間休日専用出入口又は窓口で対応することで差し支えない。
 24時間対応薬局とは、以下を満たす薬局である。

・保険薬剤師が患者の求めに応じて24時間調剤等が速やかに実施できる体制を整備していること。

・当該保険薬局は、当該担当者及び当該担当者と直接連絡がとれる連絡先電話番号等、緊急時の注意事項等について、原則として初回の処方せん受付時に(変更があった場合はその都度)、患者又はその家族等に対して説明の上、文書(これらの事項が薬袋に記載されている場合を含む。)により交付していること。

<H26/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問13)地域包括診療料及び地域包括診療加算において、患者に交付する薬剤を院内と院外に分けて交付することは可能か。
 つまり、処方せん料と処方料のいずれも算定できるか。

(答)1回の受診に対して、患者毎に院外処方か院内処方かいずれか一方しか認められない。
 なお、地域包括診療料においては処方料及び処方せん料は包括されているので院内処方であっても院外処方であっても算定できない。
 地域包括診療加算においては、該当する処方料又は処方せん料のいずれか一方を患者毎に算定できる。

<H26/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問1)地域包括診療料は初診時には算定できないが、初診を行った日と同一月内に再度受診があった場合、当該月より算定可能か。

(答)可能である。

<H26/4/4 事務連絡:疑義解釈資料(その2)>

(問2)初診日と同一月に地域包括診療料を算定する場合、初診時に算定した費用は、出来高で算定可能か。

(答)可能である。

<H26/4/4 事務連絡:疑義解釈資料(その2)>

(問3)地域包括診療加算を算定する患者が、対象疾病以外で受診した場合でも算定できるか。

(答)他の疾患の受診時に、当該点数の対象疾患についての管理も行い、他の要件をすべて満たしていれば算定可能である。

<H26/4/4 事務連絡:疑義解釈資料(その2)>

(問4)医薬品の管理とは、投薬した医薬品名をカルテに記載しておけばよいのか。

(答)医薬品の管理とは、他の医療機関で処方されたものも含め、直近の投薬内容のすべてをカルテに記載するとともに、重複投薬や飲み合わせ等を含めすべて管理すること。

<H26/4/4 事務連絡:疑義解釈資料(その2)>

(問5)他医療機関で処方された薬剤について、他医療機関と連絡が取れない等の理由で受診時の投薬内容が把握できない場合であっても、算定可能か。

(答)受診時の直近の投薬内容をすべて把握できない場合は、当該点数は算定できない。

<H26/4/4 事務連絡:疑義解釈資料(その2)>

(問6)院内処方を行っている保険医療機関において地域包括診療料又は地域包括診療加算を算定する患者が、他の保険医療機関で院外処方されている場合にも、保険薬局との連携やリストの交付は必要か。

(答)当該保険医療機関で院外処方を行わない場合は、必ずしも必要ではない。

<H26/4/4 事務連絡:疑義解釈資料(その2)>

(問7)地域包括診療料および地域包括診療加算において、患者に薬局のリストの中から選択させる際、リストの中に該当薬局が1つしかなかった場合であっても算定可能か。

(答)院外処方をする際に、保険薬局は原則として複数から選択させる必要があるが、患家や当該保険医療機関の近隣に対応できる薬局が1つしかない場合等、複数の保険薬局リストの作成が事実上困難な場合においては、当該リストの中に該当薬局が1つしかない場合でも差し支えない。

<H26/4/4 事務連絡:疑義解釈資料(その2)>

(問8)「健康診断・検診の受診勧奨を行い結果をカルテに記載」とあるが、受診勧奨しても患者が健康診断に行かなかった場合、自院での検診に応じなかった場合は算定できないか?
 患者が企業の健康診断などを受けた場合は、その結果を必ず持ってきてもらう必要があるか。

(答)健康診断・検診の受診勧奨を行う必要があるが、必ずしも受診を行っている必要はない。
 なお、患者が企業の健康診断等を受けた場合は、その結果を把握し、結果を診療録に記載する等を行う。

<H26/4/4 事務連絡:疑義解釈資料(その2)>

(問9)電子カルテであってもスキャンがない医療機関があるが、保存すべきものはどのように対応すればよいか。

(答)保存については、電子媒体又は紙媒体を問わない。

<H26/4/4 事務連絡:疑義解釈資料(その2)>

(問4)高血圧症、糖尿病、脂質異常症、認知症の4疾病のうち重複しない対象疾病について他医療機関で診療を行う場合、他の保険医療機関でも算定できることとされているが、各々の保険医療機関で当該患者の各々の診療計画を把握する必要があるか。

(答)他の医療機関と連携のうえ、相互の医療機関が各々の診療計画を把握する必要がある。
 その際、他の医療機関において地域包括診療料又は地域包括診療加算を算定している旨をカルテに記載すること。

<H26/4/10 事務連絡:疑義解釈資料(その3)>

(問5)院外処方を行う場合、夜間・休日等の時間外に対応できる薬局のリストを患者に説明し、文書で渡すことになるが、リストの作成は、各保険医療機関で行うことになるか。

(答)各保険医療機関で都道府県薬剤師会等が作成するリストを参考に、患者に提供するリストを作成する。

<H26/4/10 事務連絡:疑義解釈資料(その3)>

(問7)同一月に2つの保険医療機関で、地域包括診療料(または地域包括診療加算)を算定されている患者について、当該疾患が重複していることが判明した場合、どちらの医療機関も算定要件を満たしていないこととなるのか。

(答)そのとおり。

<H26/4/10 事務連絡:疑義解釈資料(その3)>

(問9)地域包括診療料の対象患者は、高血圧症、糖尿病、脂質異常症及び認知症の4疾病のうち、2つ以上(疑いは除く。)を有する者である。
 なお、当該医療機関で診療を行う対象疾病(上記4疾病のうち2つ)とあるが、当該通知の「糖尿病」には境界型糖尿病も該当すると考えてよいか。
 また、耐糖能異常についてはいかがか。

(答)算定できない。

<H26/4/10 事務連絡:疑義解釈資料(その3)>

(問9)当該患者の24時間の対応について、オンコール以外の対応は必要となるのか。

(答)緊急時の往診等の体制を有していれば、オンコール対応で差し支えない。

<H26/4/23 事務連絡:疑義解釈資料(その4)>

(問25)手引きを参考にした抗菌薬の適正な使用の普及啓発に資する取組とはなにか。

(答)普及啓発の取組としては、患者に説明するほか、院内にパンフレットを置くことやポスターを掲示する等の対応を行っていること。

<H30/3/30 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

【薬剤適正使用連携加算】

(問3)地域包括診療料、地域包括診療加算等の薬剤適正使用連携加算における内服薬の種類数の計算に当たっては、1銘柄ごとに1種類として計算するという理解でよいか。

(答)よい。

<H30/7/10 事務連絡:疑義解釈資料(その5)>



スポンサーリンク




スポンサーリンク