モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

B001-7 リンパ浮腫指導管理料

100点

注1 保険医療機関に入院中の患者であって、子宮悪性腫瘍、子宮附属器悪性腫瘍、前立腺悪性腫瘍又は腋窩部郭清を伴う乳腺悪性腫瘍に対する手術を行ったものに対して、当該手術を行った日の属する月又はその前月若しくは翌月のいずれかに、医師又は医師の指示に基づき看護師、理学療法士若しくは作業療法士が、リンパ浮腫の重症化等を抑制するための指導を実施した場合に、入院中1回に限り算定する。

注2 「注1」に基づき当該点数を算定した患者であって当該保険医療機関を退院したものに対して、当該保険医療機関又は当該患者の退院後において区分番号「B005-6」の「注1」に規定する地域連携診療計画に基づいた治療を担う他の保険医療機関(当該患者について区分番号「B005-6-2」に掲げるがん治療連携指導料を算定した場合に限る。)において、退院した日の属する月又はその翌月に「注1」に規定する指導を再度実施した場合に、当該指導を実施した、いずれかの保険医療機関において、1回に限り算定する。



スポンサーリンク

<通知>

B001-7 リンパ浮腫指導管理料

(1)リンパ浮腫指導管理料は、手術前又は手術後において、以下に示す事項について、個別に説明及び指導管理を行った場合に算定できる。
 当該指導管理料は、当該指導管理料の算定対象となる手術を受けた保険医療機関に入院中に当該説明及び指導管理を行った場合に1回、当該保険医療機関を退院した後に、当該保険医療機関又は当該患者の退院後において区分番号「B005-6」の「注1」に規定する地域連携診療計画に基づいた治療を担う他の保険医療機関(当該患者について区分番号「B005-6-2」がん治療連携指導料を算定した場合に限る。)において当該説明及び指導管理を行った場合にいずれか一方の保険医療機関において1回に限り、算定できる。

  • ア】リンパ浮腫の病因と病態
  • イ】リンパ浮腫の治療方法の概要
  • ウ】セルフケアの重要性と局所へのリンパ液の停滞を予防及び改善するための具体的実施方法
    • (イ)リンパドレナージに関すること
    • (ロ)弾性着衣又は弾性包帯による圧迫に関すること
    • (ハ)弾性着衣又は弾性包帯を着用した状態での運動に関すること
    • (ニ)保湿及び清潔の維持等のスキンケアに関すること
  • エ】生活上の具体的注意事項

      リンパ浮腫を発症又は増悪させる感染症又は肥満の予防に関すること

  • オ】感染症の発症等増悪時の対処方法

      感染症の発症等による増悪時における診察及び投薬の必要性に関すること

<H30 保医発0305第1号>

(2)指導内容の要点を診療録に記載する。

<H30 保医発0305第1号>

(3)手術前においてリンパ浮腫に関する指導を行った場合であって、結果的に手術が行われなかった場合にはリンパ浮腫指導管理料は算定できない。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク




スポンサーリンク



B001-7 リンパ浮腫指導管理料

(問23)リンパ浮腫指導管理料について、他院で手術を行う、若しくは、他院で手術を行った患者についても算定可能か。

(答)算定不可である。

<H20/5/9 事務連絡:疑義解釈資料(その2)>

(104問)入院中にリンパ浮腫指導管理料を算定した患者が、退院後に当該医療機関の外来においてリンパ浮腫に関する指導を行った場合にも再度算定できるか。

(答)算定できる。ただし、外来において算定する場合は、退院した日の属する月又は翌月に限る。

<H22/3/29 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク