モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

B001_20 糖尿病合併症管理料

170点

注1 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、糖尿病足病変ハイリスク要因を有し、医師が糖尿病足病変に関する指導の必要性があると認めた入院中の患者以外の患者に対して、医師又は医師の指示に基づき看護師が当該指導を行った場合に、月1回に限り算定する。

注2 1回の指導時間は30分以上でなければならないものとする。



スポンサーリンク

<通知>

B001_20 糖尿病合併症管理料

(1)糖尿病合併症管理料は、次に掲げるいずれかの糖尿病足病変ハイリスク要因を有する入院中の患者以外の患者(通院する患者のことをいい、在宅での療養を行う患者を除く。)であって、医師が糖尿病足病変に関する指導の必要性があると認めた場合に、月1回に限り算定する。

  • ア】足潰瘍、足趾・下肢切断既往
  • イ】閉塞性動脈硬化症
  • ウ】糖尿病神経障害

<H30 保医発0305第1号>

(2)当該管理料は、専任の常勤医師又は当該医師の指示を受けた専任の看護師が、(1)の患者に対し、爪甲切除(陥入爪、肥厚爪又は爪白癬等に対して麻酔を要しないで行うもの)、角質除去、足浴等を必要に応じて実施するとともに、足の状態の観察方法、足の清潔・爪切り等の足のセルフケア方法、正しい靴の選択方法についての指導を行った場合に算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(3)当該管理料を算定すべき指導の実施に当たっては、専任の常勤医師又は当該医師の指示を受けた専任の看護師が、糖尿病足病変ハイリスク要因に関する評価を行い、その結果に基づいて、指導計画を作成すること。

<H30 保医発0305第1号>

(4)看護師に対して指示を行った医師は、診療録に看護師への指示事項を記載すること。

<H30 保医発0305第1号>

(5)当該管理を実施する医師又は看護師は、糖尿病足病変ハイリスク要因に関する評価結果、指導計画及び実施した指導内容を診療録又は療養指導記録に記載すること。

<H30 保医発0305第1号>

(6)同一月又は同一日においても第2章第1部の各区分に規定する他の医学管理等及び第2部第2節第1款の各区分に規定する在宅療養指導管理料は併算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

(7)(2)及び(3)の常勤医師については、週3日以上常態として勤務しており、かつ、所定労働時間が週24時間以上の勤務を行っている専任の非常勤医師(糖尿病治療及び糖尿病足病変の診療に従事した経験を5年以上有する医師に限る。)を2名以上組み合わせることにより、常勤医師の勤務時間帯と同じ時間帯に当該医師が配置されている場合には、当該2名以上の非常勤医師が連携して当該管理料に係る指導を実施した場合に限り、常勤医師の配置基準を満たしているものとして算定できる。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク




B001_20 糖尿病合併症管理料

(問25)糖尿病合併症管理料算定対象者の要件について、糖尿病の疑い、またはハイリスク要因のいずれかの疑いがある場合、算定できるか。

(答)算定できない。糖尿病の診断名かつハイリスク要因のいずれかの診断がされている必要があり、疑いのみでは算定不可である。

<H20/5/9 事務連絡:疑義解釈資料(その2)>

(問26)糖尿病合併症管理料に「在宅での療養を行う患者を除く。」とあるが、月初に糖尿病合併症管理料を算定した患者が、月末に在宅療養の患者になった場合は算定可能か。

(答)算定可。

<H20/5/9 事務連絡:疑義解釈資料(その2)>

(問27)①新設の糖尿病合併症管理料を「B000」特定疾患療養管理料と要件を充たせば併算定が可能か。

②可能であれば同一日に算定できるのか。

(答)①②ともに算定可。

<H20/5/9 事務連絡:疑義解釈資料(その2)>

(問99)「B001」の「27」糖尿病透析予防指導管理料は「B001」の「20」糖尿病合併症管理料との併算定は可能か。

(答)可能である

<H24/3/30 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク





スポンサーリンク