モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

B001_28 小児運動器疾患指導管理料

250点

注 別に厚生労働大臣が定める基準を満たす保険医療機関において、地域において診療を担う他の保険医療機関から紹介された入院中の患者以外の患者であって、運動器疾患を有する6歳未満のものに対し、小児の運動器疾患に関する専門の知識を有する医師が、計画的な医学管理を継続して行い、療養上必要な指導を行った場合に、6月に1回に限り算定する。
 ただし、同一月に区分番号「B001」の「5」に掲げる小児科療養指導料を算定している患者については、算定できない。



スポンサーリンク

<通知>

B001_28 小児運動器疾患指導管理料

(1)小児運動器疾患指導管理料は、入院中の患者以外の患者であって、運動器疾患に対し継続的な管理を必要とするものに対し、専門的な管理を行った場合に算定するものであり、小児の運動器疾患に関する適切な研修を修了した医師が、治療計画に基づき療養上の指導を行った場合に算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

(2)他の医師(他の医療機関の整形外科を担当する医師及び当該医療機関の医師であって整形外科以外の診療科を担当する医師を含む)の紹介により受診した患者又は健康診査を担当した医師の助言を受けて受診した患者を対象とする。

<H30 保医発0305第1号>

(3)対象患者は、以下のいずれかに該当する6歳未満の患者とする。

ア】先天性股関節脱臼、斜頚、内反足、ペルテス病、脳性麻痺、脚長不等、四肢の先天奇形、良性骨軟部腫瘍による四肢変形、外傷後の四肢変形、二分脊椎、脊髄係留症候群又は側弯症を有する患者

イ】装具を使用する患者

ウ】医師が継続的なリハビリテーションが必要と判断する状態の患者

エ】その他、手術適応の評価等、成長に応じた適切な治療法の選択のために、継続的な診療が必要な患者

<H30 保医発0305第1号>

(4)初回算定時に治療計画を作成し、患者の家族等に説明して同意を得るとともに、毎回の指導の要点を診療録に記載すること。

<H30 保医発0305第1号>

(5)日常的に車椅子を使用する患者であって、車椅子上での姿勢保持が困難なため、食事摂取等の日常生活動作の能力の低下をきした患者については、医師の指示を受けた理学療法士又は作業療法士等が、車椅子や座位保持装置上の適切な姿勢保持や褥瘡予防のため、患者の体幹機能や座位保持機能を評価した上で体圧分散やサポートのためのクッションや付属品の選定や調整を行うことが望ましい。

<H30 保医発0305第1号>

(6)厚生労働大臣が定める施設基準を満たす保険医療機関において、平成30年3月31日までに当該保険医療機関を受診していた患者であって、初診として受診した時点において(3)の要件を満たしていたものについては、患者及びその家族の同意を得た場合に、当該患者が15歳になるまでの間、当該管理料を算定することができる。
 この場合、診療報酬明細書の摘要欄に、初診時の年月日、年齢、状態について記載すること。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク




スポンサーリンク