モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

B011-3 薬剤情報提供料

10点

注1 入院中の患者以外の患者に対して、処方した薬剤の名称、用法、用量、効能、効果、副作用及び相互作用に関する主な情報を文書により提供した場合に、月1回に限り(処方の内容に変更があった場合は、その都度)算定する。

注2 「注1」の場合において、処方した薬剤の名称を当該患者の求めに応じて患者の薬剤服用歴等を経時的に記録する手帳(以下単に「手帳」という。)に記載した場合には、手帳記載加算として、3点を所定点数に加算する。

注3 保険薬局において調剤を受けるために処方箋を交付した患者については、算定しない。



スポンサーリンク

<通知>

B011-3 薬剤情報提供料

(1)薬剤情報提供料は入院中の患者以外の患者に対して、処方した薬剤の名称(一般名又は商品名)、用法、用量、効能、効果、副作用及び相互作用に関する主な情報を、当該処方に係る全ての薬剤について、文書(薬袋等に記載されている場合も含む。)により提供した場合に月1回に限り所定点数を算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(2)「注1」に規定する場合において、さらに、当該患者の求めに応じて薬剤服用歴が経時的に管理できる手帳に、処方した薬剤の名称(一般名又は商品名)、保険医療機関名及び処方年月日を記載した場合には、月1回に限り「注2」に規定する手帳記載加算を算定できる。
 なお、この場合の「手帳」とは、経時的に薬剤の記録が記入でき、かつ次の「ア」から「ウ」までに掲げる事項を記録する欄がある薬剤の記録用の手帳をいう。

  • ア】患者の氏名、生年月日、連絡先等患者に関する記録
  • イ】患者のアレルギー歴、副作用歴等薬物療法の基礎となる記録
  • ウ】患者の主な既往歴等疾病に関する記録

  また、所有している手帳を持参しなかった患者に対して薬剤の名称が記載された簡潔な文書(シール等)を交付した場合は、手帳記載加算を算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(3)やむを得ない理由により、薬剤の名称に関する情報を提供できない場合は、これに代えて薬剤の形状(色、剤形等)に関する情報を提供することにより算定できる。
 また、効能、効果、副作用及び相互作用に関する情報については患者が理解しやすい表現であることが必要である。

<H30 保医発0305第1号>

(4)同一薬剤であっても、投与目的(効能又は効果)が異なる場合には、当該情報を提供すれば薬剤情報提供料を算定できる。
 また、類似する効能又は効果を有する薬剤への変更の場合にあっても薬剤情報提供料を算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

(5)処方の内容に変更があった場合については、その都度薬剤情報提供料を算定できる。
 ただし、薬剤の処方日数のみの変更の場合は、薬剤情報提供料は算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(6)複数の診療科を標榜する保険医療機関において、同一日に2以上の診療科で処方された場合であっても、1回のみの算定とする。

<H30 保医発0305第1号>

(7)薬剤情報提供料を算定した場合は、薬剤情報を提供した旨を診療録に記載する。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク




スポンサーリンク



B011-3 薬剤情報提供料

(問107)区分番号「B011-3」薬剤情報提供料について、電子版の手帳であって、「お薬手帳(電子版)の運用上の留意事項について」(平成27年11月27日薬生総発第1127第4号)の「第三運営事業者等が留意すべき事項」を満たした手帳を保有する患者が医療機関を受診した際、当該手帳の内容を一元的に情報閲覧できる仕組みが利用できない医療機関では、

①どのように手帳の内容を確認することになるのか。

②「注2」に規定する手帳記載加算は算定できるのか。

(答)①患者からお薬手帳の情報が含まれる電子機器の画面を見せてもらう等の方法により、服薬状況を確認すること。
 なお、患者の保有する電子機器を直接受け取って閲覧等を行おうとすることは、患者が当該電子機器を渡すことを望まない場合もあるので、慎重に対応すること。

②当面の間、この様な場合に限って、当該情報が記載されている文書(シール等)を交付することで手帳記載加算を算定できることとする。
 なお、保険薬局(電子版の手帳を提供した保険薬局等)においては、当該患者が来局した場合、当該医療機関が提供した文書の情報を電子的に手帳に入力するなど、電子版の手帳で一元的に管理できるよう対応すること。

<H28/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク