モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

C000 往診料

720点

注1 別に厚生労働大臣が定める時間において入院中の患者以外の患者に対して診療に従事している場合に緊急に行う往診、夜間(深夜を除く。)又は休日の往診、深夜の往診を行った場合には、在宅療養支援診療所、在宅療養支援病院(地域において在宅療養を提供する診療所がないことにより、当該地域における退院後の患者に対する在宅療養の提供に主たる責任を有する病院であって、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出たものをいう。以下この表において同じ。)等の区分に従い、次に掲げる点数を、それぞれ所定点数に加算する。

イ 在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院であって別に厚生労働大臣が定めるものの保険医が行う場合

(1)病床を有する場合

①緊急往診加算

850点

②夜間・休日往診加算

1,700点

③深夜往診加算

2,700点

(2)病床を有しない場合

①緊急往診加算

750点

②夜間・休日往診加算

1,500点

③深夜往診加算

2,500点

ロ 在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院(「イ」に規定するものを除く。)の保険医が行う場合

(1)緊急往診加算

650点

(2)夜間・休日往診加算

1,300点

(3)深夜往診加算

2,300点

ハ 「イ」から「ロ」までに掲げるもの以外の保険医療機関の保険医が行う場合

(1)緊急往診加算

325点

(2)夜間・休日往診加算

650点

(3)深夜往診加算

1,300点

注2 患家における診療時間が1時間を超えた場合は、患家診療時間加算として、30分又はその端数を増すごとに、100点を所定点数に加算する。

注3 患家において死亡診断を行った場合は、死亡診断加算として、200点を所定点数に加算する。

注4 保険医療機関の所在地と患家の所在地との距離が16kmを超えた場合又は海路による往診を行った場合で、特殊の事情があったときの往診料は、別に厚生労働大臣が定めるところにより算定する。

注5 往診に要した交通費は、患家の負担とする。

注6 「注1」については、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合するものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関の保険医が行った場合は、当該基準に掲げる区分に従い、在宅緩和ケア充実診療所・病院加算在宅療養実績加算1又は在宅療養実績加算2として、100点75点又は50点を、それぞれ更に所定点数に加算する。



スポンサーリンク

<通知>

C000 往診料

(1)往診料は、患者又は家族等患者の看護等に当たる者が、保険医療機関に対し電話等で直接往診を求め、当該保険医療機関の医師が往診の必要性を認めた場合に、可及的速やかに患家に赴き診療を行った場合に算定できるものであり、定期的ないし計画的に患家又は他の保険医療機関に赴いて診療を行った場合には算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(2)緊急往診加算は、保険医療機関において、標榜時間内であって、入院中の患者以外の患者に対して診療に従事している時に、患者又は現にその看護に当たっている者から緊急に求められて往診を行った場合に算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(3)「注1」に規定する「別に厚生労働大臣が定める時間」とは、保険医療機関において専ら診療に従事している時間であって、概ね午前8時から午後1時までの間とする。

<H30 保医発0305第1号>

(4)「注1」における緊急に行う往診とは、患者又は現にその看護に当たっている者からの訴えにより、速やかに往診しなければならないと判断した場合をいい、具体的には、往診の結果、急性心筋梗塞、脳血管障害、急性腹症等が予想される場合をいう。
 また、医学的に終末期であると考えられる患者(当該保険医療機関又は当該保険医療機関と連携する保険医療機関が訪問診療を提供している患者に限る。)に対して往診した場合にも緊急往診加算を算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

(5)「注1」における所定点数とは、往診料に「注2」及び「注4」における加算点数を合算した点数をいう。

<H30 保医発0305第1号>

(6)夜間(深夜を除く。)とは午後6時から午前8時までとし、深夜の取扱いについては、午後10時から午前6時までとする。
 ただし、これらの時間帯が標榜時間に含まれる場合、夜間・休日往診加算及び深夜往診加算は算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(7)休日とは、日曜日及び国民の祝日に関する法律第3条に規定する休日をいう。
 なお、1月2日及び3日並びに12月29日、30日及び31日は、休日として取り扱う。

<H30 保医発0305第1号>

(8)「注1のイ」に規定する「在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院であって別に厚生労働大臣が定めるもの」とは、「特掲診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」の第9在宅療養支援診療所の施設基準の「1」の(1)及び(2)に規定する在宅療養支援診療所、第14の2在宅療養支援病院の施設基準の「1」の(1)及び(2)に規定する在宅療養支援病院である。
 「注1のイの(1)」に規定する「病床を有する場合」、「注1のイの(2)」に規定する「病床を有しない場合」とは、同通知の第9在宅療養支援診療所の施設基準の「2」、第14の2在宅療養支援病院の施設基準の「2」の規定による。

<H30 保医発0305第1号>

(9)「注2」における診療時間とは、実際に診療に当たっている時間をいう。
 交通機関の都合その他診療の必要以外の事由によって患家に滞在又は宿泊した場合においては、その患家滞在の時間については、診療時間に算入しない。

<H30 保医発0305第1号>

(10)同一の患家又は有料老人ホーム等であって、その形態から当該ホーム全体を同一の患家とみなすことが適当であるものにおいて、2人以上の患者を診療した場合は、2人目以降の患者については往診料を算定せず、区分番号「A000」初診料又は区分番号「A001」再診料若しくは区分番号「A002」外来診療料及び第2章特掲診療料のみを算定する。
 この場合において、2人目以降のそれぞれの患者の診療に要した時間が1時間を超えた場合は、その旨を診療報酬明細書の摘要欄に記載し、往診料の「注2」に規定する加算を算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(11)往診又は訪問診療を行った後に、患者又はその家族等が単に薬剤を取りに医療機関に来た場合は、再診料又は外来診療料は算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(12)「注3」に規定する加算は、患者が在宅で死亡した場合であって、死亡日に往診を行い、死亡診断を行った場合に算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(13)保険医療機関の所在地と患家の所在地との距離が16kmを超える往診については、当該保険医療機関からの往診を必要とする絶対的な理由がある場合に認められるものであって、この場合の往診料の算定については、16km以内の場合と同様、本区分及び「注1」、「注2」、「注3」、「注6」により算定する。
 この絶対的に必要であるという根拠がなく、特に患家の希望により16kmを超える往診をした場合の往診料は保険診療としては算定が認められないことから、患者負担とする。
 この場合において、「保険医療機関の所在地と患家の所在地との距離が16kmを超えた場合」とは、当該保険医療機関を中心とする半径16kmの圏域の外側に患家が所在する場合をいう。

<H30 保医発0305第1号>

(14)(13)にかかわらず、往診距離が片道16kmを超えて又は海路により「ア」の適用地域に往診した場合であって、「イ」の各号の一に該当する特殊の事情があったときの往診料は、「ウ」の算定方法によって算定する。

  • ア】適用地域

      次の各号の一に該当する地域であって、「イ」に掲げる特殊の事情のいずれかが一般的に存するものについて、地方厚生(支)局長が厚生労働大臣の承認を得て指定した地域とする。
     なお、指定地域が指定要件を欠くに至ったときは、当局に内議のうえ、速やかに地域の指定を取り消すものとする。

    • ⅰ】医療機関のない島の地域又は通例路程の大部分を海路による以外に往診することが困難な事情にある地域であって医療機関のないもの。

      (以下「1号地域」という。地域の単位は、原則として、島、部落又は小字とする。)

    • ⅱ】1号地域以外の地域であって、最寄りの医療機関からの往診距離が片道16kmを超えるもの。

      (以下「2号地域」という。地域の単位は、原則として、部落又は小字とする。)

  • イ】特殊の事情
    • ⅰ】定期に航行する船舶がないか、又は定期に航行する船舶があっても航行回数がきわめて少ないか、若しくは航行に長時間を要すること。
    • ⅱ】海上の状態や気象条件がきわめて悪いため、又は航路に暗礁が散在するため、若しくは流氷等のため航行に危険が伴うこと。
    • ⅲ】冬期積雪の期間通常の車両の運行が不能のため往診に相当長時間を要する事情にあること、又は道路事情がきわめて悪く、相当の路程を徒歩によらなければならないため、往診に相当長時間を要する事情にあること。
  • ウ】算定方法

      往診料の項に定める算定方法に準じて算定した点数(720点に「注1」、「注2」、「注3」又は「注6」による点数を加算した点数)に、次の点数(1号地域については次の「ⅰ」の(イ)及び(ロ)により算出した点数、2号地域については、次の「ⅱ」により算出した点数)を加算する。

    • ⅰ】1号地域に対する往診の場合
      • (イ)波浪時(波浪注意報の出ていたとき又は波浪により通常の航海時間の概ね1.5倍以上を要したときとする。)であった海路につき海路距離が片道1km又はその端数を増すごとに所定点数に「注2」に規定する点数の100分の150を加算した点数。

        (往復の場合は100分の200、片道の場合は100分の100とする。)

      • (ロ)適用地域における往診に必要とした滞在時間(島に上陸したときから離島するまでの時間)については30分又はその端数を増すごとに100点を加算する方法で算出した点数の100分の200に相当する点数。
    • ⅱ】2号地域に対する往診の場合

        往診のため保険医が当該保険医療機関を出発してから帰院するまでの往診時間について、30分又はその端数を増すごとに100点を加算する方法で算出した点数の100分の300に相当する点数。

<H30 保医発0305第1号>

(15)保険医療機関の所在地と患家の所在地との距離が16km以上の地域に居住する保険医に対して在宅での療養を行う患者の診療を担う保険医が往診による対診を求めることができるのは、患家の所在地から半径16km以内に患家の求める診療に専門的に対応できる保険医療機関が存在しない場合や、患家の求める診療に専門的に対応できる保険医療機関が存在していても当該保険医療機関が往診等を行っていない場合などのやむを得ない絶対的理由のある場合に限られるものである。

<H30 保医発0305第1号>

(16)「注5」に規定する交通費は実費とする。

<H30 保医発0305第1号>

(17)交通費には自家用車による費用を含む。

<H30 保医発0305第1号>

(18)自転車、スクーター等の費用は往診料に含まれているので前項は適用されず、したがって「注5」に規定する患家の負担となる交通費には該当しない。

<H30 保医発0305第1号>

(19)往診を求められて患家へ赴いたが、既に他医に受診していたため、診察を行わないで帰った場合の往診料は、療養の給付の対象としない扱いとする。
 したがって患者負担とする。

<H30 保医発0305第1号>

(20)特定の被保険者の求めに応ずるのではなく、保険診療を行う目的をもって定期又は不定期に事業所へ赴き、被保険者(患者)を診療する場合は、往診料として取り扱うことは認められない。

<H30 保医発0305第1号>

(21)数事業所の衛生管理医をしている保険医が、衛生管理医として毎日又は定期的に事業所に赴いた(巡回)際、当該事業所において常態として診療を行う場合は、(20)と同様である。

<H30 保医発0305第1号>

(22)同一保険医が2か所の保険医療機関を開設している場合の往診料は、往診の依頼を受けた医療機関を起点とするのではなく、当該保険医が患家に赴くために出発した保険医療機関から患家までの距離により算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(23)定期的又は計画的に行われる対診の場合は往診料を算定できない。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

C000 往診料

(問8)往診料は、患者又は家族等患者の看護・介護に当たる者が、保険医療機関に対し電話等で直接往診を求め、当該保険医療機関の医師が往診の必要性を認めた場合に、可及的速やかに患家に赴き診療を行った場合に算定できるとあるが、可及的速やかにとはどのくらいの期間をいうのか。

(答)往診は、患家等からの依頼に応じて、医師が往診の必要性を認めた場合に行うものであり、往診の日時についても、依頼の詳細に応じて、医師の医学的判断による。

<H30/5/25 事務連絡:疑義解釈資料(その4)>

【対診の場合】

(問155)麻酔科で開業した医師が別の医療機関に赴き、手術前日、当日、翌日の3回往診料を算定するのは妥当であるか。

(答)定期的、計画的な訪問を行っての麻酔では、往診料は算定できない。

<H22/3/29 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問156)従来からの、対診の場合の診療報酬請求の取扱いに関する以下の規定について、変更はないと考えてよいか。

(1)診療上必要があると認める場合は、他の保険医療機関の保険医の立会診療を求めることができる。

(2)対診を求められて診療を行った保険医の属する保険医療機関からは、当該基本診療料、往診料等は請求できるが、他の治療行為にかかる特掲診療料は主治医の属する保険医療機関において請求するものとし、治療を共同で行った場合の診療報酬の分配は相互の合議に委ねるものとする。

(答)取扱いに変更はない。
 ただし、定期的又は計画的に行われる対診の場合は往診料を算定できないことを明確化したものである。

<H22/3/29 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

【16kmを超える往診】

(問4)保険医療機関の所在地と患家の所在地との距離が16kmを超える往診又は訪問診療(以下、「往診等」という。)については、当該保険医療機関からの往診等を必要とする絶対的な理由がある場合には認められることとされており(「診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について」(平成26年3月5日保医発0305第3号))、具体的には、

  • ①患家の所在地から半径16km以内に患家の求める診療に専門的に対応できる保険医療機関が存在しない場合、
  • ②患者の求める診療に専門的に対応できる保険医療機関が存在していても当該保険医療機関が往診等を行っていない場合

  などが考えられる(「疑義解釈資料の送付について(その7)」(平成19年4月20日付医療課事務連絡))とされている。
 例えば、重症児の在宅医学管理時や、訪問型病児保育中に必要となった場合の小児科の診療など、往診等に対応できる保険医療機関の確保が特に難しい専門的な診療を要する場合で、近隣に対応できる保険医療機関を患者が自ら見つけられず、往診等を依頼された保険医療機関側も、患者の近隣に対応できる保険医療機関を実態上知らない場合は、「16kmを超える往診等を必要とする絶対的な理由」に含まれるか。

(答)ご指摘の事例は「絶対的な理由」に含まれる。
 なお、患者が特定施設や高齢者向け住宅等(以下、「施設等」という。)に居住する場合は、施設等が、予め、往診等を行う協力医療機関を得るよう努めるべきであり、単に患者や保険医療機関が往診等を行う他の保険医療機関を知らないことをもって絶対的な理由に該当するということはできないことに留意が必要である。
 このような場合には、施設等又は往診等を行う保険医療機関が、施設等から16km以内の保険医療機関に個別に、又は、当該地域の医師会に、往診等を行う保険医療機関があるかを予め確認する必要がある。

<H27/6/30 事務連絡:疑義解釈資料(その14)>

【死亡診断加算】

(問5)患者が在宅で死亡した場合であって、患者の死亡日に患家の求めに応じて医師が患家に赴き、死亡診断を行った際は、「C000」往診料の「注3」死亡診断加算又は「C001」在宅患者訪問診療料の「注6」在宅ターミナルケア加算若しくは、同区分の「注7」看取り加算等も含めて算定することができるが、医師が死亡を確認した後、当該患者の死亡の原因が生前に診療していた疾病に関連したものかどうかを判断するために行う視診、触診等の行為(いわゆる、「既に死亡が確認された後の身体の「診察」」)に係る費用は、診療報酬の対象となるのか。

(答)診療報酬の対象とならない。

<H24/9/21 事務連絡:疑義解釈資料(その9)>

(問109)区分番号「C000」往診料の「注3」に規定する死亡診断加算について、「死亡日に往診を行い、死亡診断を行った場合に算定する」と規定されているが、夜間に死亡した場合であって、死亡診断の結果、前日に死亡していると判断された場合に、当該加算を算定できるか。

(答)算定できる。

<H28/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク