モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

C003 在宅がん医療総合診療料(1日につき)

1 在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院であって別に厚生労働大臣が定めるものの場合

イ 病床を有する場合

(1)保険薬局において調剤を受けるために処方箋を交付する場合

1,800点

(2)処方箋を交付しない場合

2,000点

ロ 病床を有しない場合

(1)保険薬局において調剤を受けるために処方箋を交付する場合

1,650点

(2)処方箋を交付しない場合

1,850点

2 在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院(「1」に規定するものを除く。)の場合

イ 保険薬局において調剤を受けるために処方箋を交付する場合

1,495点

ロ 処方箋を交付しない場合

1,685点

注1 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関(在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院に限る。)において、在宅での療養を行っている末期の悪性腫瘍の患者であって通院が困難なものに対して、当該患者の同意を得て、計画的な医学管理の下に総合的な医療を提供した場合に1週を単位として算定する。

注2 死亡診断を行った場合は、死亡診断加算として、200点を所定点数に加算する。

注3 「注2」に規定する加算及び特に規定するものを除き、診療に係る費用は、在宅がん医療総合診療料に含まれるものとする。

注4 在宅がん医療総合診療に要した交通費は、患家の負担とする。

注5 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合するものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関が行った場合は、当該基準に掲げる区分に従い、在宅緩和ケア充実診療所・病院加算在宅療養実績加算1又は在宅療養実績加算2として、150点110点又は75点を、それぞれ更に所定点数に加算する。



スポンサーリンク

<通知>

C003 在宅がん医療総合診療料(1日につき)

(1)在宅がん医療総合診療料は、別に厚生労働大臣の定める施設基準に適合しているものとして地方厚生(支)局長に届け出た保険医療機関である在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院が、在宅での療養を行っている通院が困難な末期の悪性腫瘍の患者(医師又は看護師等の配置が義務付けられている施設に入居又は入所している患者(給付調整告示等に規定する場合を除く。)の場合を除く。)であって、往診及び訪問看護により24時間対応できる体制を確保し、在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院の連絡担当者の氏名、連絡先電話番号等、担当日、緊急時の注意事項等並びに往診担当医及び訪問看護担当者の氏名等について、文書により提供しているものに対して、計画的な医学管理の下に、次に掲げる基準のいずれにも該当する総合的な医療を提供した場合に、1週間(日曜日から土曜日までの暦週をいう。本項において同じ。)を単位として当該基準を全て満たした日に算定する。

  • ア】当該患者に対し、訪問診療又は訪問看護を行う日が合わせて週4日以上であること。

    (同一日において訪問診療及び訪問看護を行った場合であっても1日とする。)

  • イ】訪問診療の回数が週1回以上であること。
  • ウ】訪問看護の回数が週1回以上であること。

<H30 保医発0305第1号>

(2)在宅がん医療総合診療料は、1週間のうちに全ての要件を満たさなかった場合、1週間のうちに在宅医療と入院医療が混在した場合には算定できない。
 ただし、現に在宅がん医療総合診療料を算定している患者が、当該在宅療養支援診療所又は当該在宅療養支援病院に一時的に入院する場合は、引き続き計画的な医学管理の下に在宅における療養を継続しているものとみなし、当該入院の日も含めた1週間について、(1)の「ア」から「ウ」までの要件を満たす場合には、在宅がん医療総合診療料を算定できるものとする。
 ただし、この場合には、入院医療に係る費用は別に算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(3)在宅療養支援診療所において、連携により必要な体制を確保する場合にあっては、緊急時の往診又は訪問看護を連携保険医療機関等の医師又は看護師等が行うことが有り得ることを予め患者等に説明するとともに、当該患者の病状、治療計画、直近の診療内容等緊急時の対応に必要な診療情報を連携保険医療機関等に文書(電子媒体を含む。)により随時提供し、当該提供した診療情報は当該患者の診療録に添付すること。
 なお、連携保険医療機関等の保険医又は看護師等との診療情報の共有に際し、当該患者の診療情報の提供を行った場合、これに係る費用は各所定点数に含まれ別に算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(4)在宅療養支援診療所と連携保険医療機関等、又は在宅療養支援病院と訪問看護ステーションが共同で訪問看護を行い、又は緊急時の往診体制をとっている場合は、当該患者の訪問看護、往診に係る費用は、在宅がん医療総合診療料を算定する在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院の保険医の属する保険医療機関において一括して算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(5)連携保険医療機関等又は在宅療養支援病院と連携する訪問看護ステーションが当該患者に訪問看護を行った場合又は当該患者の病状急変時等に連携保険医療機関の保険医が往診を行った場合は、当該連携保険医療機関等又は在宅療養支援病院と連携する訪問看護ステーションは、診療内容等を在宅がん医療総合診療料を算定する在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院の保険医に速やかに報告し、当該保険医は診療内容等の要点を当該患者の診療録に記載する必要がある。
 ただし、これに係る診療情報提供の費用は所定点数に含まれ別に算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(6)在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院は、算定の対象となる患者について、総合的な在宅医療計画を策定し、これに基づいて訪問診療及び訪問看護を積極的に行うとともに、他の保健医療サービス又は福祉サービスとの連携に努めること。
 なお、在宅がん医療総合診療は、同一の患者に対して継続的に行うことが望ましい。

<H30 保医発0305第1号>

(7)在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院が、当該患者に対して診療を行おうとする場合には、当該患者等に対し照会等を行うことにより、他の保険医療機関における在宅がん医療総合診療料の算定の有無を確認すること。

<H30 保医発0305第1号>

(8)「1」に規定する「在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院であって別に厚生労働大臣が定めるもの」とは、「特掲診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取り扱いについて」の第9在宅療養支援診療所の施設基準の「1」の(1)及び(2)に規定する在宅療養支援診療所、第14の2在宅療養支援病院の施設基準の「1」の(1)及び(2)に規定する在宅療養支援病院である。
 「1のイ」に規定する「病床を有する場合」、「1のロ」に規定する「病床を有しない場合」とは、同通知の第9在宅療養支援診療所の施設基準の「2」の(1)及び(2)、第14の2在宅療養支援病院の施設基準の「2」の(1)の規定による。

<H30 保医発0305第1号>

(9)1週間のうち院外処方箋を交付した日がある場合は、当該1週間分を「院外処方箋を交付する場合」で算定し、それ以外の場合は「院外処方箋を交付しない場合」で算定する。
 なお、当該診療を開始又は終了(死亡による場合を含む。)した週にあって、当該1週間のうちに(1)に掲げる基準を満たした場合には、当該診療の対象となった日数分について算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(10)「注2」に規定する加算は、在宅での療養を行っている患者が在宅で死亡した場合であって、死亡日に往診又は訪問診療を行い、死亡診断を行った場合に算定する。
 ただし、(12)の「イ」に基づき、区分番号「C001」在宅患者訪問診療料(Ⅰ)の「注7」又は区分番号「C001-2」在宅患者訪問診療料(Ⅱ)の「注6」の規定により準用する区分番号「C001」在宅患者訪問診療料(Ⅰ)の「注7」に規定する加算を算定する場合には、算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(11)当該患者の診療に係る費用は、(12)に掲げる費用及び「注2」の加算を除き、全て所定点数に含まれる。
 ただし、同一月において在宅がん医療総合診療料が算定された日の前日までに算定された検体検査判断料等については、別に算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

(12)「注3」の特に規定するものとは次の費用であり、当該費用は、要件を満たせば在宅がん医療総合診療料と別に算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

(13)当該患者を担当する居宅介護支援事業者に対し、予後及び今後想定される病状の変化、病状の変化に合わせて必要となるサービス等について、適時情報提供すること。

<H30 保医発0305第1号>

(14)「注4」に規定する交通費は実費とする。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク