モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

C004 救急搬送診療料

1,300点

注1 患者を救急用の自動車等で保険医療機関に搬送する際、診療上の必要から、当該自動車等に同乗して診療を行った場合に算定する。

注2 新生児又は6歳未満の乳幼児(新生児を除く。)に対して当該診療を行った場合には、新生児加算又は乳幼児加算として、それぞれ1,500点又は700点を所定点数に加算する。

注3 「注1」に規定する場合であって、当該診療に要した時間が30分を超えた場合には、長時間加算として、700点を所定点数に加算する。



スポンサーリンク

<通知>

C004 救急搬送診療料

(1)救急用の自動車とは、消防法及び消防法施行令に規定する市町村又は都道府県の救急業務を行うための救急隊の救急自動車並びに道路交通法及び道路交通法施行令に規定する緊急自動車であって当該保険医療機関に属するものをいう。

<H30 保医発0305第1号>

(2)救急医療用ヘリコプターを用いた救急医療の確保に関する特別措置法第2条に規定する「救急医療用ヘリコプター」により搬送される患者に対して、救急医療用ヘリコプター内において診療を行った場合についても救急搬送診療料を算定することができる。

<H30 保医発0305第1号>

(3)診療を継続して提供した場合、区分番号「A000」初診料、区分番号「A001」再診料又は区分番号「A002」外来診療料は、救急搬送の同一日に1回に限り算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(4)搬送先の保険医療機関の保険医に立会診療を求められた場合は、初診料、再診料又は外来診療料は1回に限り算定し、区分番号「C000」往診料は併せて算定できない。
 ただし、患者の発生した現場に赴き、診療を行った後、救急用の自動車等に同乗して診療を行った場合は、往診料を併せて算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

(5)入院患者を他の保険医療機関に搬送した場合、入院基本料を算定した日には救急搬送診療料は算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(6)「注2」の加算は、新生児又は6歳未満の乳幼児(新生児を除く。)に対して救急搬送診療料を算定する場合に加算する。

<H30 保医発0305第1号>

(7)「注3」の加算は、患者の発生した現場に赴き、診療を開始してから、医療機関に到着し、医療機関内で診療を開始するまでの時間が30分を超えた場合に加算する。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク




スポンサーリンク



C004 救急搬送診療料

(問7)「C004」救急搬送診療料の留意事項通知に「入院患者を他の保険医療機関に搬送した場合は、入院基本料を算定した日には救急搬送診療料を算定できない。」と示されているが、「入院基本料」には、第2部入院料等の第3節特定入院料は含まれるのか。

(答)含まれない。ただし、次の特定入院料については、救急搬送診療料が当該入院料に含まれるため、算定できない。

  • 「A306」  特殊疾患入院医療管理料
  • 「A307」  小児入院医療管理料
  • 「A309」  特殊疾患病棟入院料
  • 「A310」  緩和ケア病棟入院料
  • 「A311」  精神科救急入院料
  • 「A311-2」精神科急性期治療病棟入院料
  • 「A311-3」精神科救急・合併症入院料
  • 「A311-4」児童・思春期精神科入院医療管理料
  • 「A312」  精神療養病棟入院料
  • 「A314」  認知症治療病棟入院料

<H25/6/14 事務連絡:疑義解釈資料(その14)>

【長時間加算】

(問122)「C004」救急搬送診療料の長時間加算30分以上の診療の時間について、迎えに行く際の時間や搬送先医療機関での診療時間は含まれるか。

(答)含まれない。当該時間については、医療機関に搬送されるまでに、実際に医師が診療した時間のみを含める。

<H24/3/30 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク