モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

C009 在宅患者訪問栄養食事指導料

1 単一建物診療患者が1人の場合

530点

2 単一建物診療患者が2人以上9人以下の場合

480点

3 「1」及び「2」以外の場合

440点

注1 在宅で療養を行っており通院が困難な患者であって、別に厚生労働大臣が定めるものに対して、診療に基づき計画的な医学管理を継続して行い、かつ、管理栄養士が訪問して具体的な献立等によって栄養管理に係る指導を行った場合に、単一建物診療患者(当該患者が居住する建物に居住する者のうち、当該保険医療機関の管理栄養士が訪問し栄養食事指導を行っているものをいう。)の人数に従い、患者1人につき月2回に限り所定点数を算定する。

注2 在宅患者訪問栄養食事指導に要した交通費は、患家の負担とする。



スポンサーリンク

<通知>

C009 在宅患者訪問栄養食事指導料

(1)在宅患者訪問栄養食事指導料は、在宅での療養を行っている患者であって、疾病、負傷のために通院による療養が困難な者について、医師が当該患者に特掲診療料の施設基準等に規定する特別食を提供する必要性を認めた場合又は次のいずれかに該当するものとして医師が栄養管理の必要性を認めた場合であって、当該医師の指示に基づき、管理栄養士が患家を訪問し、患者の生活条件、し好等を勘案した食品構成に基づく食事計画案又は具体的な献立等を示した栄養食事指導箋を患者又はその家族等に対して交付するとともに、当該指導箋に従い、食事の用意や摂取等に関する具体的な指導を30分以上行った場合に算定する。

  • ア】がん患者
  • イ】摂食機能又は嚥下機能が低下した患者
  • ウ】低栄養状態にある患者

<H30 保医発0305第1号>

(2)在宅患者訪問栄養食事指導料は、単一建物診療患者の人数に従い算定する。
 ここでいう単一建物診療患者の人数とは、当該患者が居住する建築物に居住する者のうち、当該保険医療機関が在宅患者訪問栄養食事指導料を算定する者(当該保険医療機関と特別の関係にある保険医療機関において算定するものを含む。以下この区分において同じ。)の人数をいう。
 なお、ユニット数が3以下の認知症対応型共同生活介護事業所については、それぞれのユニットにおいて、在宅患者訪問栄養食事指導料を算定する人数を、単一建物診療患者の人数とみなすことができる。

<H30 保医発0305第1号>

(3)1つの患家に当該指導料の対象となる同居する同一世帯の患者が2人以上いる場合は、患者ごとに「単一建物診療患者が1人の場合」を算定する。
 また、当該建築物において、当該保険医療機関が在宅患者訪問栄養食事指導料を算定する者の数が、当該建築物の戸数の 10%以下の場合又は当該建築物の戸数が20戸未満であって、当該保険医療機関が在宅患者訪問栄養食事指導料を算定する者が2人以下の場合には、それぞれ「単一建物診療患者が1人の場合」を算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(4)「注2」に規定する交通費は実費とする。

<H30 保医発0305第1号>

(5)上記以外の点に関しては、区分番号「B001」の「9」外来栄養食事指導料における留意事項の例による。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク




スポンサーリンク