モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

C102 在宅自己腹膜灌流指導管理料 殺菌 腹膜

4,000点

注1 在宅自己連続携行式腹膜灌流を行っている入院中の患者以外の患者に対して、在宅自己連続携行式腹膜灌流に関する指導管理を行った場合に算定するものとし、頻回に指導管理を行う必要がある場合は、同一月内の2回目以降1回につき2,000点月2回に限り算定する。

注2 当該指導管理を算定する同一月内に区分番号「J038」に掲げる人工腎臓又は「J042」に規定する腹膜灌流の「1」を算定する場合は、「注1」に規定する2回目以降の費用は、算定しない。



スポンサーリンク

<通知>

C102 在宅自己腹膜灌流指導管理料

(1)「注1」の「頻回に指導管理を行う必要がある場合」とは、次のような患者について指導管理を行う場合をいう。

  • ア】在宅自己連続携行式腹膜灌流の導入期にあるもの
  • イ】糖尿病で血糖コントロールが困難であるもの
  • ウ】腹膜炎の疑い、トンネル感染及び出口感染のあるもの
  • エ】腹膜の透析効率及び除水効率が著しく低下しているもの
  • オ】その他医師が特に必要と認めるもの

<H30 保医発0305第1号>

(2)1か月に2回以上在宅自己腹膜灌流指導管理料を算定した場合は、診療報酬明細書の摘要欄に(1)の「ア」から「オ」までの中から該当するものを明記する。

<H30 保医発0305第1号>

(3)在宅自己腹膜灌流指導管理料を算定している患者(入院中の患者を除く。)は週1回を限度として、区分番号「J038」人工腎臓又は区分番号「J042」腹膜灌流の「1」の連続携行式腹膜灌流のいずれか一方を算定できる。
 なお、当該管理料を算定している患者に対して、他の医療機関において人工腎臓又は連続携行式腹膜灌流を行っても、当該所定点数は算定できない。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

C102 在宅自己腹膜灌流指導管理料

(問122)在宅自己腹膜灌流指導管理料を算定している患者が週2回人工腎臓を行った場合、2回の手技は算定できないが、包括薬剤(エリスロポエチン・ダルベポエチン製剤)は別に算定してよいか。

(答)薬剤費は別途算定できる。
 ただし、週2回人工腎臓を行った場合については、1回目の「手技料」を「2」の「その他の場合」で算定する。
 なお、この場合、在宅自己腹膜灌流指導管理料の「注1」に規定する2回目以降の費用は算定しない。

<H22/3/29 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク