モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

C150 血糖自己測定器加算

1 月20回以上測定する場合

350点

2 月30回以上測定する場合

465点

3 月40回以上測定する場合

580点

4 月60回以上測定する場合

830点

5 月90回以上測定する場合

1,170点

6 月120回以上測定する場合

1,490点

注1 「1」から「4」までについては、入院中の患者以外の患者であって次に掲げるものに対して、血糖自己測定値に基づく指導を行うため血糖自己測定器を使用した場合に、3月に3回に限り、第1款の所定点数に加算する。

  • イ インスリン製剤又はヒトソマトメジンC製剤の自己注射を1日に1回以上行っている患者

    (1型糖尿病の患者を除く。)

  • ロ インスリン製剤の自己注射を1日に1回以上行っている患者

    (1型糖尿病の患者に限る。)

  • ハ 12歳未満の小児低血糖症の患者
  • ニ 妊娠中の糖尿病患者又は妊娠糖尿病の患者

    (別に厚生労働大臣が定める者に限る。)

注2 「5」及び「6」については、入院中の患者以外の患者であって次に掲げるものに対して、血糖自己測定値に基づく指導を行うため、血糖自己測定器を使用した場合に、3月に3回に限り、第1款の所定点数に加算する。

  • イ インスリン製剤の自己注射を1日に1回以上行っている患者

    (1型糖尿病の患者に限る。)

  • ロ 12歳未満の小児低血糖症の患者
  • ハ 妊娠中の糖尿病患者又は妊娠糖尿病の患者

    (別に厚生労働大臣が定める者に限る。)



スポンサーリンク

<通知>

C150 血糖自己測定器加算

(1)血糖自己測定器加算は、インスリン製剤又はヒトソマトメジンC製剤の在宅自己注射を毎日行っている患者のうち血糖値の変動が大きい者又は12歳未満の小児低血糖症患者に対して、医師が、血糖のコントロールを目的として当該患者に血糖試験紙(テスト・テープ)又は固定化酵素電極(バイオセンサー)を給付し、在宅で血糖の自己測定をさせ、その記録に基づき指導を行った場合に、区分番号「C101」在宅自己注射指導管理料、区分番号「C101-2」在宅小児低血糖症患者指導管理料又は区分番号「C101-3」在宅妊娠糖尿病患者指導管理料に加算するものである。
 なお、血糖試験紙、固定化酵素電極、穿刺器、穿刺針及び測定機器を患者に給付又は貸与した場合における費用その他血糖自己測定に係る全ての費用は所定点数に含まれ、別に算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(2)入院中の患者に対して、退院時に区分番号「C101」在宅自己注射指導管理料、区分番号「C101-2」在宅小児低血糖症患者指導管理料又は区分番号「C101-3」在宅妊娠糖尿病患者指導管理料を算定すべき指導管理を行った場合は、退院の日に限り、在宅自己注射指導管理料、在宅小児低血糖症患者指導管理料又は在宅妊娠糖尿病患者指導管理料の所定点数及び血糖自己測定器加算の点数を算定できる。
 この場合において、当該保険医療機関において当該退院月に外来、往診又は訪問診療において在宅自己注射指導管理料、在宅小児低血糖症患者指導管理料又は在宅妊娠糖尿病患者指導管理料を算定すべき指導管理を行った場合であっても、指導管理の所定点数及び血糖自己測定器加算は算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(3)当該加算は、1月に2回又は3回算定することもできるが、このような算定ができる患者は、区分番号「C101」に掲げる在宅自己注射指導管理料を算定している患者のうちインスリン製剤を2月分又は3月分以上処方している患者又は区分番号「C101-2」に掲げる在宅小児低血糖症患者指導管理料を算定している患者に限るものである。

<H30 保医発0305第1号>

(4)グルカゴン様ペプチド-1受容体アゴニストの自己注射を承認された用法及び用量に従い1週間に1回以上行っている者に対して、血糖自己測定値に基づく指導を行うために血糖自己測定器を使用した場合には、インスリン製剤の自己注射を行っている者に準じて、所定点数を算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(5)フラッシュグルコース測定機能を持つ血糖自己測定器を使用する場合であっても、フラッシュグルコース測定以外の血糖自己測定をした回数を基準に算定する。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

C150 血糖自己測定器加算

(問94)血糖自己測定器加算は3か月に3回に限り加算できるとあるが、1月に当該加算を複数回算定できる場合とはどのような場合か。

(答)インスリン製剤又はヒトソマトメジンC製剤を複数月分処方していることが必要であり、当該患者が1月に使用するインスリン製剤又はヒトソマトメジンC製剤を複数回に分けて処方した場合には算定できない。

<H20/3/28 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問43)在宅療養指導管理材料加算は要件を満たせば、別に算定できるとなったが、インスリン投与中ではない患者に対しても、血糖自己測定器加算等は算定できるか。

(答)できない。

<H20/5/9 事務連絡:疑義解釈資料(その2)>



スポンサーリンク