モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

C152-2 持続血糖測定器加算

1 2個以下の場合

1,320点

2 4個以下の場合

2,640点

3 5個以上の場合

3,300点

注1 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、別に厚生労働大臣が定める注射薬の自己注射を行っている入院中の患者以外の患者に対して、持続血糖測定器を使用した場合に、第1款の所定点数に加算する。

注2 当該患者に対して、プログラム付きシリンジポンプ又はプログラム付きシリンジポンプ以外のシリンジポンプを用いて、トランスミッターを使用した場合は、第1款の所定点数にそれぞれ3,230点又は2,230点を加算する。
 ただし、この場合において、区分番号「C152」に掲げる間歇注入シリンジポンプ加算は算定できない。



スポンサーリンク

<通知>

C152-2 持続血糖測定器加算

(1)入院中の患者以外の患者であって次に掲げるものに対して、持続的に測定した血糖値に基づく指導を行うために持続血糖測定器を使用した場合に算定する。

ア】血糖コントロールが不安定な1型糖尿病患者であって、持続皮下インスリン注入療法を行っている者及び間歇注入インスリンポンプと連動していない持続血糖測定器を用いる場合であって皮下インスリン注入療法を行っている者。

イ】低血糖発作を繰り返す等重篤な有害事象がおきている血糖コントロールが不安定な2型糖尿病患者であって、医師の指示に従い血糖コントロールを行う意志のある、持続皮下インスリン注入療法を行っている者。
 ただし、間歇注入インスリンポンプと連動していない持続血糖測定器を用いた場合は除く。

<H30 保医発0305第1号>

<一部改正 H30 保医発1130第3号>

(2)持続血糖測定器加算を算定する場合は、(1)の「ア」又は「イ」のいずれに該当するかを診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。

<H30 保医発0305第1号>

(3)同一月において、区分番号「C152」間歇注入シリンジポンプ加算と当該加算は、併せて算定できない。
 ただし、間歇注入インスリンポンプと連動していない持続血糖測定器については「注2」の加算を算定できず、間歇注入インスリンポンプを併用した場合には区分番号「C152」間歇注入シリンジポンプ加算を併せて算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

<一部改正 H30 保医発1130第3号>

(4)入院中の患者に対して、退院時に区分番号「C101」在宅自己注射指導管理料を算定すべき指導管理を行った場合は、退院の日に限り、在宅自己注射指導管理料の所定点数及び持続血糖測定器加算の点数を算定できる。
 この場合において、当該保険医療機関において当該退院月に外来、往診又は訪問診療において在宅自己注射指導管理料を算定すべき指導管理を行った場合であっても、指導管理の所定点数及び持続血糖測定器加算は算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(5)「注2」に規定するシリンジポンプを使用する際に必要な輸液回路、リザーバーその他療養上必要な医療材料の費用については、所定点数に含まれる。

<H30 保医発0305第1号>

(6) 間歇注入インスリンポンプと連動していない持続血糖測定器については、急性発症又は劇症1型糖尿病患者に限り、かつ以下の項目を満たした場合に限り算定できる。

ア】関連学会が定める適正使用指針を遵守して使用していること。

イ】本医療機器を使用する患者にあっては、1日あたり少なくとも2回の自己血糖測定を行っていること。

ウ】皮下連続式グルコース測定に関する施設基準の届出を行っている医療機関であること。

エ】糖尿病の治療に関し、専門の知識及び少なくとも5年以上の経験を有する常勤の医師が1名以上配置されていること。

オ】糖尿病の治療及び持続皮下インスリン注入療法に従事した経験を2年以上有し、適切な研修を修了した常勤の看護師又は薬剤師が1名以上配置されていること。
 なお、ここでいう適切な研修とは、次の要件を満たすものであること。

(イ) 医療関係団体等が主催する研修であること。

(ロ) 糖尿病患者への生活習慣改善の意義・基礎知識、評価方法、セルフケア支援、持続血糖測定器に関する理解・活用及び事例分析・評価等の内容が含まれているものであること。

カ】「エ」又は「オ」に掲げるものが、患者又は患者家族等に対し、持続血糖測定器の使用方法の十分な説明や持続血糖測定器の結果に基づく低血糖・高血糖への対応等、必要な指導を行うこと。

<H30 保医発1130第3号>

(7) 間歇注入インスリンポンプと連動していない持続血糖測定器を用いる場合は、患者ごとに指導者名が記載されている指導記録を作成し、患者に提供すること。
 また、指導記録の写しを診療録に貼付すること。

<H30 保医発1130第3号>



スポンサーリンク



スポンサーリンク