モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

D006 出血・凝固検査

1 出血時間

15点

2 プロトロンビン時間(PT)、
 トロンボテスト

18点

3 血餅収縮能、
 毛細血管抵抗試験

19点

4 フィブリノゲン半定量、
 フィブリノゲン定量、
 クリオフィブリノゲン

23点

5 トロンビン時間

25点

6 蛇毒試験、
 トロンボエラストグラフ、
 ヘパリン抵抗試験

28点

7 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)

29点

8 血小板凝集能

50点

9 血小板粘着能

64点

10 アンチトロンビン活性、
 アンチトロンビン抗原

70点

11 フィブリン・フィブリノゲン分解産物(FDP)定性、
 フィブリン・フィブリノゲン分解産物(FDP)半定量、
 フィブリン・フィブリノゲン分解産物(FDP)定量、
 プラスミン、
 プラスミン活性、
 α-アンチトリプシン

80点

12 フィブリンモノマー複合体定性

93点

13 プラスミノゲン活性、
 プラスミノゲン抗原、
 凝固因子インヒビター定性(クロスミキシング試験)

100点

14 Dダイマー定性

128点

15 プラスミンインヒビター(アンチプラスミン)、
 Dダイマー半定量

131点

16 von Willebrand因子(VWF)活性

136点

17 Dダイマー

137点

18 α-マクログロブリン

138点

19 PIVKA-Ⅱ

143点

20 凝固因子インヒビター

152点

21 von Willebrand因子(VWF)抗原

155点

22 プラスミン・プラスミンインヒビター複合体(PIC)、
 プロテインS抗原

162点

23 プロテインS活性

170点

24 β-トロンボグロブリン(β-TG)

177点

25 血小板第4因子(PF

178点

26 トロンビン・アンチトロンビン複合体(TAT)

186点

27 プロトロンビンフラグメントF1+2

193点

28 トロンボモジュリン

205点

29 凝固因子(第Ⅱ因子、第Ⅴ因子、第Ⅶ因子、第Ⅷ因子、第Ⅸ因子、第Ⅹ因子、第ⅩⅠ因子、第ⅩⅡ因子、第ⅩⅢ因子)

229点

30 フィブリンモノマー複合体

233点

31 プロテインC抗原

246点

32 tPA・PAI-1複合体

247点

33 プロテインC活性

248点

34 ADAMTS13活性

400点

35 ADAMTS13インヒビター

600点

注 患者から1回に採取した血液を用いて本区分の「14」から「33」までに掲げる検査を3項目以上行った場合は、所定点数にかかわらず、検査の項目数に応じて次に掲げる点数により算定する。

イ 3項目又は4項目

530点

ロ 5項目以上

722点



スポンサーリンク

<通知>

D006 出血・凝固検査

(1)出血時間測定時の耳朶採血料は、「1」の出血時間の所定点数に含まれる。

<H30 保医発0305第1号>

(2)「2」のプロトロンビン時間(PT)とトロンボテストを同時に施行した場合は、主たるもののみ算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(3)「8」の血小板凝集能を測定するに際しては、その過程で血小板数を測定することから、区分番号「D005」血液形態・機能検査の「5」末梢血液一般検査の所定点数を別に算定することはできない。

<H30 保医発0305第1号>

(4)「13」の凝固因子インヒビター定性(クロスミキシング試験)は、原因不明のプロトロンビン時間延長又は活性化部分トロンボプラスチン時間延長がみられる患者に対して行った場合に限り算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

(5)「19」のPIVKA-Ⅱは、出血・凝固検査として行った場合に算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(6)「20」の凝固因子インヒビターは、第Ⅷ因子又は第Ⅸ因子の定量測定を行った場合に、それぞれの測定1回につきこの項で算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(7)「21」のvon Willebrand因子(VWF)抗原は、SRID法、ロケット免疫電気泳動法等によるものである。

<H30 保医発0305第1号>

(8)「28」のトロンボモジュリンは、膠原病の診断若しくは経過観察又はDIC若しくはそれに引き続いて起こるMOF観察のために測定した場合のみ算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

(9)フィブリンモノマー複合体

ア】「30」のフィブリンモノマー複合体は、DIC、静脈血栓症又は肺動脈血栓塞栓症の診断及び治療経過の観察のために実施した場合に算定する。

イ】「30」のフィブリンモノマー複合体、「26」のトロンビン・アンチトロンビン複合体(TAT)及び「27」のプロトロンビンフラグメントF1+2のうちいずれか複数を同時に測定した場合は、主たるもののみ算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(10)ADAMTS13活性

ア】「34」のADAMTS13活性は、他に原因を認めない血小板減少を示す患者に対して、血栓性血小板減少性紫斑病の診断補助を目的として測定した場合又はその再発を疑い測定した場合に算定できる。

イ】血栓性血小板減少性紫斑病と診断された患者またはその再発が認められた患者に対して、診断した日又は再発を確認した日から起算して1月以内の場合には、1週間に1回に限り別に算定できる。
 なお、血栓性血小板減少性紫斑病と診断した日付又はその再発を確認した日付を、診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。

<H30 保医発0305第1号>

(11)ADAMTS13インヒビター

ア】「35」のADAMTS13インヒビターは、ADAMTS13活性の著減を示す患者に対して、血栓性血小板減少性紫斑病の診断補助を目的として測定した場合又はその再発を疑い測定した場合に算定できる。

イ】後天性血栓性血小板減少性紫斑病と診断された患者又はその再発が認められた患者に対して、診断した日又は再発を確認した日から起算して1月以内の場合には、1週間に1回に限り別に算定できる。
 なお、後天性血栓性血小板減少性紫斑病と診断した日付又はその再発を確認した日付を、診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク




スポンサーリンク