モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

D013 肝炎ウイルス関連検査

1 HBs抗原定性・半定量

29点

2 HBs抗体定性、
 HBs抗体半定量

32点

3 HBs抗原、
 HBs抗体

88点

4 HBe抗原、
 HBe抗体

107点

5 HCV抗体定性・定量、
 HCVコア蛋白

111点

6 HBc抗体半定量・定量

141点

7 HCVコア抗体

143点

8 HA-IgM抗体、
 HA抗体、
 HBc-IgM抗体

146点

9 HCV構造蛋白及び非構造蛋白抗体定性、
 HCV構造蛋白及び非構造蛋白抗体半定量

160点

10 HE-IgA抗体定性

210点

11 HCV血清群別判定

233点

12 HBVコア関連抗原(HBcrAg)

274点

13 デルタ肝炎ウイルス抗体

330点

14 HCV特異抗体価、
 HBVジェノタイプ判定

340点

注 患者から1回に採取した血液を用いて本区分の「3」から「14」までに掲げる検査を3項目以上行った場合は、所定点数にかかわらず、検査の項目数に応じて次に掲げる点数により算定する。

イ 3項目

290点

ロ 4項目

360点

ハ 5項目以上

447点



スポンサーリンク

<通知>

D013 肝炎ウイルス関連検査

(1)「1」のHBs抗原定性・半定量は、免疫クロマト法、赤血球凝集法、粒子凝集法、EIA法(簡易法)、金コロイド凝集法による。

<H30 保医発0305第1号>

(2)「2」のHBs抗体半定量は、赤血球凝集法、粒子凝集法、EIA法(簡易法)、金コロイド凝集法による。

<H30 保医発0305第1号>

(3)「5」のHCVコア蛋白は、EIA法又はIRMA法による。

<H30 保医発0305第1号>

(4)「6」のHBc 抗体半定量・定量と「8」のHBc-IgM抗体を同時に測定した場合は、一方の所定点数を算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(5)「8」のHA抗体とHA-IgM抗体を同時に測定した場合は、一方の所定点数のみを算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(6)「11」のHCV血清群別判定は、EIA法により、C型肝炎の診断が確定した患者に対して、C型肝炎の治療法の選択の目的で実施した場合に、患者1人につき1回に限り算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

(7)「12」のHBVコア関連抗原(HBcrAg)は、HBV感染の診断の補助及び治療効果の判定の目的で、血清又は血漿中のHBVコア関連抗原(HBcrAg)を測定した場合に1月に1回に限り算定する。
 なお、区分番号「D023」微生物核酸同定・定量検査の「3」のHBV核酸定量を同時に測定した場合は、主たるもののみ算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(8)「14」のHBVジェノタイプ判定は、B型肝炎の診断が確定した患者に対して、B型肝炎の治療法の選択の目的で実施した場合に、患者1人につき1回に限り算定できる。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク




スポンサーリンク



D013 肝炎ウイルス関連検査

【HBs抗原】

(問)厚生労働省「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」班劇症肝炎分科会および「肝硬変を含めたウイルス性肝疾患の治療の標準化に関する研究」班合同報告など、免疫抑制剤の投与や化学療法により発症するB型肝炎について、新たな知見が示されているところである。
 この中で示されているような、免疫抑制剤の投与や化学療法を行う患者又は行っている患者(肝炎症状がないものを含む)に対して、B型肝炎の再活性化を考慮して、HBs抗原を測定し、これを算定することは可能か。

(答)当該報告のガイドライン等を踏まえ、医学的に妥当かつ適切であれば、HBs抗原を測定し算定しても差し支えない。

<H23/9/16 事務連絡:疑義解釈資料(その9)>

(問11)「疑義解釈資料の送付について(その9)」(平成23年9月16日付け事務連絡)において、「免疫抑制剤の投与や化学療法を行う患者又は行っている患者(肝炎症状がないものを含む。)に対して、B型肝炎の再活性化を考慮して、HBs抗原を測定し、これを算定することは可能か。」に対し、「当該報告のガイドライン等を踏まえ、医学的に妥当かつ適切であれば、HBs抗原を測定し算定しても差し支えない。」とあるが、C型慢性肝疾患の患者に対して抗C型肝炎ウイルス治療を行う場合においても、B型肝炎の再活性化が考慮されるが、この場合についてもHBs抗原を測定し、これを算定することは可能か。

(答)医学的に妥当かつ適切であれば、差し支えない。

<H28/11/17 事務連絡:疑義解釈資料(その8)>



スポンサーリンク