モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

D207 体液量等測定

1 体液量測定、
 細胞外液量測定

60点

2 血流量測定、
 皮膚灌流圧測定、
 皮弁血流検査、
 循環血流量測定(色素希釈法によるもの)、
 電子授受式発消色性インジケーター使用皮膚表面温度測定

100点

3 心拍出量測定、
 循環時間測定、
 循環血液量測定(色素希釈法以外によるもの)、
 脳循環測定(色素希釈法によるもの)

150点

注1 心拍出量測定に際してカテーテルを挿入した場合は、心拍出量測定加算として、開始日に限り1,300点を所定点数に加算する。
 この場合において、挿入に伴う画像診断及び検査の費用は算定しない。

注2 カテーテルの交換の有無にかかわらず一連として算定する。

4 血管内皮機能検査(一連につき)

200点

5 脳循環測定(笑気法によるもの)

1,350点



スポンサーリンク

D207 体液量等測定

(1)体液量等測定の所定点数には、注射又は採血を伴うものについては第6部第1節第1款の注射実施料及び区分番号「D400」血液採取を含む。

<H30 保医発0305第1号>

(2)「2」の皮弁血流検査は、1有茎弁につき2回までを限度として算定するものとし、使用薬剤及び注入手技料は、所定点数に含まれ、別に算定しない。

<H30 保医発0305第1号>

(3)「2」の血流量測定は、電磁式によるものを含む。

<H30 保医発0305第1号>

(4)「2」の電子授受式発消色性インジケーター使用皮膚表面温度測定は、皮弁形成術及び四肢の血行再建術後に、術後の血行状態を調べるために行った場合に算定する。
 ただし、術後1回を限度とする。
 なお、使用した電子授受式発消色性インジケーターの費用は、所定点数に含まれ、別に算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(5)「4」の血管内皮機能検査を行った場合は、局所ボディプレティスモグラフ又は超音波検査等、血管内皮反応の検査方法及び部位数にかかわらず、1月に1回に限り、一連として当該区分において算定する。
 この際、超音波検査を用いて行った場合であっても、超音波検査の費用は算定しない。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク




スポンサーリンク