モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

D211-3 時間内歩行試験

200点

注1 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において行われる場合に限り算定する。

注2 区分番号「D200」に掲げるスパイログラフィー等検査及び区分番号「D220」から「D223-2」までに掲げる諸監視であって、時間内歩行試験と同一日に行われたものの費用は、所定点数に含まれるものとする。



スポンサーリンク

D211-3 時間内歩行試験

(1)時間内歩行試験は、在宅酸素療法を施行している患者又は区分番号「C103」在宅酸素療法指導管理料の算定要件を満たす患者若しくは本試験により算定要件を満たすことが可能となる患者で在宅酸素療法の導入を検討している患者に対し、医師又は医師の指導管理の下に看護職員、臨床検査技師若しくは理学療法士がパルスオキシメーター等を用いて動脈血酸素飽和度を測定しながら6分間の歩行を行わせ、到達した距離、動脈血酸素飽和度及び呼吸・循環機能検査等の結果を記録し、医師が患者の運動耐容能等の評価及び治療方針の決定を行った場合に、年に4回を限度として算定する。
 なお、当該検査の実施に係る時間(準備や説明に要した時間を含む。)については、第7部に掲げるリハビリテーションを実施した時間に含めることはできない。

<H30 保医発0305第1号>

(2)医師の指導管理の下に看護職員、臨床検査技師又は理学療法士が6分間の歩行を行わせる場合は、医師が同一建物内において当該看護職員、臨床検査技師又は理学療法士と常時連絡が取れる状態かつ緊急事態に即時的に対応できる体制であること。

<H30 保医発0305第1号>

(3)以下の事項を診療録に記載すること。

  • ア】当該検査結果の評価
  • イ】到達した距離、施行前後の動脈血酸素飽和度、呼吸・循環機能検査等の結果

<H30 保医発0305第1号>

(4)当該検査を算定する場合にあっては、過去の実施日を診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

D211-3 時間内歩行試験

(問141)「D211-3」時間内歩行試験の実施に当たり、前後の血液ガス分析は必須なのか。

(答)時間内歩行試験の実施に当たっては、患者の状態等を勘案の上、医学的に必要かつ妥当な検査を実施し、結果を診療録に記載すること。

<H24/3/30 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問17)①「D211-3」時間内歩行試験は、年に4回を限度として算定できるが、初回の実施から1年間に4回か。
 それとも1/1~12/31までの間に4回か。

②過去の実施日の記載は、上記①回答の1年間に行ったもののみでよいか。

(答)①1/1~12/31までの間に4回である。

②よい。

<H24/8/9 事務連絡:疑義解釈資料(その8)>



スポンサーリンク