モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

D256 眼底カメラ撮影

1 通常の方法の場合

イ アナログ撮影

54点

ロ デジタル撮影

58点

2 蛍光眼底法の場合

400点

3 自発蛍光撮影法の場合

510点

注1 使用したフィルムの費用として、購入価格を10円で除して得た点数を所定点数に加算する。(「1」の「ロ」の場合を除く。)

注2 広角眼底撮影を行った場合は、広角眼底撮影加算として、100点を所定点数に加算する。



スポンサーリンク

<通知>

D256 眼底カメラ撮影

(1)眼底カメラ撮影は片側、両側の区別なく所定点数により算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(2)「通常の方法の場合」、「蛍光眼底法の場合」又は「自発蛍光撮影法の場合」のいずれか複数の検査を行った場合においては、主たる検査の所定点数により算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(3)デジタル撮影とは、画像情報をデジタル処理して管理及び保存が可能な撮影方法をいう。

<H30 保医発0305第1号>

(4)デジタル撮影したものをフィルムへプリントアウトした場合、「ロ」のデジタル撮影を算定できるが、当該フィルムの費用は別に算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(5)使用したフィルム及び現像の費用は、10円で除して得た点数を加算する。

<H30 保医発0305第1号>

(6)インスタントフィルムを使用した場合は、フィルムの費用として10円で除した点数を加算する。
 なお、1回当たり16点を限度とする。

<H30 保医発0305第1号>

(7)アナログ撮影を行ったものをデジタルに変換した場合は、「イ」のアナログ撮影を算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(8)広角眼底撮影加算は、広角眼底撮影を、未熟児網膜症、網膜芽細胞腫又は網膜変性疾患が疑われる3歳未満の乳幼児に対して行った場合に限り加算する。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

D256 眼底カメラ撮影

(問5)精密眼底検査、眼底カメラ撮影、細隙燈顕微鏡検査、汎網膜硝子体検査を医師が行う際に、検査の実施と同時に画像情報を送信し、受信側の他の保険医療機関の医師が診断を行った場合でも、当該検査の点数は算定できるか。

(答)算定できる。なお、この場合の診療報酬は送信側の保険医療機関が請求することとなるが、診断等に係る費用については送信側、受信側の保険医療機関間における相互の合議に委ねることとなる。

<H18/3/28 事務連絡:疑義解釈資料(その2)>



スポンサーリンク



スポンサーリンク