モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

D284 人格検査

1 操作が容易なもの

80点

2 操作が複雑なもの

280点

3 操作と処理が極めて複雑なもの

450点

注 同一日に複数の検査を行った場合であっても、主たるもの1種類のみの所定点数により算定する。



スポンサーリンク

<通知>

D284 人格検査

(1)検査を行うに当たっては、個人検査用として標準化され、かつ、確立された検査方法により行う。

<H30 保医発0305第1号>

(2)各区分のうち「1」の「操作が容易なもの」とは、検査及び結果処理に概ね40分以上を要するもの、「2」の「操作が複雑なもの」とは、検査及び結果処理に概ね1時間以上を要するもの、「3」の「操作と処理が極めて複雑なもの」とは、検査及び結果処理に1時間30分以上要するものをいう。
 なお、臨床心理・神経心理検査は、医師が自ら、又は医師の指示により他の従事者が自施設において検査及び結果処理を行い、かつ、その結果に基づき医師が自ら結果を分析した場合にのみ算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(3)医師は診療録に分析結果を記載する。

<H30 保医発0305第1号>

(7)区分番号「D284」人格検査の「1」とは、パーソナリティイベントリー、モーズレイ性格検査、Y-G矢田部ギルフォード性格検査、TEG-Ⅱ東大式エゴグラム及び新版TEGのことをいう。

<H30 保医発0305第1号>

(8)区分番号「D284」人格検査の「2」とは、バウムテスト、SCT、P-Fスタディ、MMPI、TPI、EPPS性格検査、16P-F人格検査、描画テスト、ゾンディーテスト及びPILテストのことをいう。

<H30 保医発0305第1号>

(9)区分番号「D284」人格検査の「3」とは、ロールシャッハテスト、CAPS、TAT絵画統覚検査及びCAT幼児児童用絵画統覚検査のことをいう。

<H30 保医発0305第1号>

(13)国立精研式認知症スクリーニングテストの費用は、基本診療料に含まれているものであり、別に算定できない。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

診療報酬点数表2018
【通則】

第2章 特掲診療料

第3部 検査
【通則】

第3節 生体検査料
【通則】

(臨床心理・神経心理検査)



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク