モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

E001 写真診断

1 単純撮影

イ 頭部、胸部、腹部又は脊椎

85点

ロ その他

43点

2 特殊撮影(一連につき)

96点

3 造影剤使用撮影

72点

4 乳房撮影(一連につき)

306点

注 間接撮影を行った場合は、所定点数の100分の50に相当する点数により算定する。



スポンサーリンク

<通知>

E001 写真診断

(1)他の医療機関で撮影したフィルム等についての診断料は撮影部位及び撮影方法(単純撮影、特殊撮影、造影剤使用撮影又は乳房撮影を指し、アナログ撮影又はデジタル撮影の別は問わない。)別に1回の算定とする。
 例えば、胸部単純写真と断層像についてであれば2回として算定できる。
 ただし、1つの撮影方法については撮影回数、写真枚数にかかわらず1回として算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(2)写真診断においては、耳、副鼻腔は頭部として、骨盤、腎、尿管、膀胱は腹部として、それぞれ「1」の「イ」により算定する。
 また、頸部、腋窩、股関節部、肩関節部、肩胛骨又は鎖骨にあっても、「1」の「イ」により算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(3)写真診断に掲げる所定点数は、フィルムへのプリントアウトを行わずに画像を電子媒体に保存した場合にも算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

(4)イメージ・インテンシファイアー間接撮影装置によるエックス線撮影については、診断料及び撮影料は間接撮影の場合の所定点数により算定できる。
 また、同一部位に対し直接撮影を併せて行った場合は、イメージ・インテンシファイアー間接撮影装置による一連の撮影として間接撮影の場合の所定点数のみを算定する。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク