モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

F000 調剤料

1 入院中の患者以外の患者に対して投薬を行った場合

イ 内服薬、浸煎薬及び屯服薬
(1回の処方に係る調剤につき)

9点

ロ 外用薬(1回の処方に係る調剤につき)

6点

2 入院中の患者に対して投薬を行った場合
(1日につき)

7点

注 麻薬、向精神薬、覚醒剤原料又は毒薬を調剤した場合は、麻薬等加算として、「1」に係る場合には1処方につき1点を、「2」に係る場合には1日につき1点を、それぞれ所定点数に加算する。



スポンサーリンク

<通知>

F000 調剤料

(1)入院中の患者以外の患者に係る調剤料の所定単位については、1回の処方に係る調剤料として、その剤数・日数又は調剤した量にかかわらず「1」の所定点数を処方料算定時にまとめて算定する。
 ただし、2以上の診療科で異なる医師が処方した場合は、それぞれの処方につき、調剤料を算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

(2)トローチ剤又は亜硝酸アミル等の嗅薬、噴霧吸入剤については外用薬として、投薬に係る費用を算定する。
 例えば、トローチ剤の1日量6錠3日分は、18錠分を1調剤の薬剤料として算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(3)外泊期間中及び入院実日数を超えた部分について、調剤料は算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(4)「注」の加算については、内服薬、浸煎薬及び屯服薬、外用薬等の区分、剤数、用法用量等の如何にかかわらず、入院中の患者以外の患者に対して投薬を行う場合は1処方につき1点を、また、入院中の患者に対して投薬を行う場合は1日につき1点を所定点数に加算する。
 なお、コデインリン酸塩散1%のように、当該薬剤の基剤が麻薬等に属していても、稀釈度により麻薬等の取扱いを受けていないものを調剤又は処方した場合には対象とならない。

<H30 保医発0305第1号>

(5)「注」にいう麻薬、向精神薬、覚醒剤原料及び毒薬は次のとおりである。

ア】毒薬とは医薬品医療機器等法第44条第1項の規定(同施行規則第204条、別表第3)による毒薬をいう。

イ】向精神薬とは、麻薬及び向精神薬取締法第2条第6号の規定(同法別表第3)による向精神薬をいう。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

診療報酬点数表2018
【通則】

第2章 特掲診療料

第5部 投薬
【通則】

第1節 調剤料

F000 調剤料

【うがい薬】

(問74)ベンゼトニウム塩化物等のように、薬効分類上で「含嗽剤」ではなく「その他の歯科用口腔用薬」に分類される薬剤は対象とならないという理解して良いか。

(答)そのとおり。

<H26/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問51)うがい薬のみ投与された場合、当該うがい薬に係る処方料、調剤料、薬剤料、処方せん料が算定できない規定となったが、治療目的でうがい薬のみ投与された場合は算定できると考えてよいか?

(答)そのとおり。処方料、調剤料、薬剤料、処方せん料は算定できる。

<H26/4/4 事務連絡:疑義解釈資料(その2)>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク