モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

G100 薬剤

1 薬価が1回分使用量につき15円以下である場合

1点

2 薬価が1回分使用量につき15円を超える場合

  薬価から15円を控除した額を10円で除して得た点数につき1点未満の端数を切り上げて得た点数に1点を加算して得た点数

注1 特別入院基本料等を算定している病棟を有する病院に入院している患者であって入院期間が1年を超えるものに対する合算薬剤料が、220点にその月における当該患者の入院日数を乗じて得た点数を超える場合(悪性新生物その他の特定の疾患に罹患している患者に対して投薬又は注射を行った場合を除く。)には、当該合算薬剤料は、所定点数にかかわらず、220点にその月における当該患者の入院日数を乗じて得た点数により算定する。

注2 健康保険法第85条第1項及び高齢者医療確保法第74条第1項に規定する入院時食事療養費に係る食事療養又は健康保険法第85条の2第1項及び高齢者医療確保法第75条第1項に規定する入院時生活療養費に係る生活療養の食事の提供たる療養を受けている患者又は入院中の患者以外の患者に対して投与されたビタミン剤については、当該患者の疾患又は症状の原因がビタミンの欠乏又は代謝異常であることが明らかであり、かつ、必要なビタミンを食事により摂取することが困難である場合その他これに準ずる場合であって、医師が当該ビタミン剤の注射が有効であると判断した場合を除き、これを算定しない。

注3 使用薬剤の薬価は、別に厚生労働大臣が定める。



スポンサーリンク

<通知>

G100 薬剤

 アレルゲン治療エキス及びアレルゲンハウスダストエキス等によるアレルギー疾患減感作療法において使用した薬剤料については、使用量(やむを得ず廃棄した場合の薬液量を含む。)に応じて薬価により算定する。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク




G100 薬剤

(問3)「フォルテオ皮下注キット600μg」は、内容量が600μg、1回の使用量が20μgであるが、28日用の製剤として薬価収載されている。
 入院時における薬剤料の算定は1回分使用量であるが、フォルテオ皮下注キット600μgの算定方法はどのようになるか。

(答)フォルテオ皮下注キット600μgは28日用製剤であるため、フォルテオ皮下注キット600μgの薬価を28(日分)で除したものを1日分(1回分)の薬剤料とする。

○1日分(1回分)の薬剤料

フォルテオ皮下注キット600μg の薬価/28日分(回分)

<H23/4/1 事務連絡:疑義解釈資料(その8)>

(問2)ヒュミラ皮下注20mgシリンジ0.4mLは、既に薬価収載後1年以上を経過しているヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.8mL(以下「ヒュミラ既収載品」という。)と有効成分が同一であり、今般、同一剤形であるヒュミラ既収載品において小児における効能・効果及び用法・用量が追加されたことに伴い、小児に適した規格として承認された規格追加医薬品であることから、「使用薬剤の薬価(薬価基準)の一部改正について」(平成21年3月13日保医発第0313002号)の2の(5)アドエア50エアー120吸入用における取扱いと同様に、掲示事項等告示第10第2号(一)に規定する新医薬品に係る投薬期間制限(14日間を限度とする。)は適用されない、と解してよいか。

(答)貴見のとおり。

<H23/10/19 事務連絡:疑義解釈資料(その11)>

(問3)注射剤の中には、体重換算等に基づく用量が設定されているものがあり、1つのバイアルを2名の患者に同時に調剤して使用する場合があるが、どのように保険請求すべきか。

(答)それぞれの患者に対する使用量に応じて請求し、2バイアル分は請求できない。

<H29/7/27 事務連絡:疑義解釈資料(その13)>



スポンサーリンク





スポンサーリンク