モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

I015 重度認知症患者デイ・ケア料(1日につき)

1,040点

注1 精神症状及び行動異常が著しい認知症患者の心身機能の回復又は維持を図るため、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、1日につき6時間以上行った場合に算定する。

注2 当該療法を最初に算定した日から起算して1年以内の期間に行われる場合にあっては、早期加算として、50点を所定点数に加算する。

注3 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、夜間の精神症状及び行動異常が著しい認知症患者に対して、当該療法に引き続き2時間以上の夜間ケアを行った場合には、当該療法を最初に算定した日から起算して1年以内の期間に限り、夜間ケア加算として、100点を所定点数に加算する。

注4 重度認知症患者デイ・ケア料を算定した場合は、区分番号「I008-2」に掲げる精神科ショート・ケア、区分番号「I009」に掲げる精神科デイ・ケア、区分番号「I010」に掲げる精神科ナイト・ケア及び区分番号「I010-2」に掲げる精神科デイ・ナイト・ケアは算定しない。



スポンサーリンク

<通知>

I015 重度認知症患者デイ・ケア料(1日につき)

(1)精神症状及び行動異常が著しい認知症患者(「認知症高齢者の日常生活度判定基準」がランクMに該当するもの)の精神症状等の軽快及び生活機能の回復を目的とし、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして届け出た保険医療機関において、患者1人当たり1日につき6時間以上行った場合に算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(2)医師の診療に基づき、対象となる患者ごとにプログラムを作成し、当該プログラムに従って行うものであって、定期的にその評価を行う等計画的な医学的管理に基づいて行うものであること。

<H30 保医発0305第1号>

(3)治療の一環として治療上の目的を達するために食事を提供する場合にあっては、その費用は所定点数に含まれる。

<H30 保医発0305第1号>

(4)「注2」に掲げる早期加算の対象となる患者は、当該療法の算定を開始してから1年以内又は精神病床を退院して1年以内の患者であること。

<H30 保医発0305第1号>

(5)「注3」に掲げる夜間ケア加算の対象となる患者は、夜間の精神状態及び行動異常が著しい認知症患者で、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして届け出た保険医療機関において、当該療法に引き続き2時間以上の夜間ケアを行った場合には、当該療法を最初に算定した日から起算して1年以内の期間に限り算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

(6)重度認知症患者デイ・ケアを行った場合は、その要点及び診療時間を診療録等に記載すること。

<H30 保医発0305第1号>

(7)重度認知症患者デイ・ケア料は入院中の患者以外の患者に限り算定する。
 ただし、重度認知症患者デイ・ケア料を算定している患者に対しては、同一日に行う他の精神科専門療法は、別に算定できない。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク