モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

J001-6 精神病棟等長期療養患者褥瘡等処置(1日につき)

30点

注1 結核病棟又は精神病棟に入院している患者であって、入院期間が1年を超えるものに対して、次に掲げる処置のいずれかを行った場合に、その種類又は回数にかかわらず、所定点数を算定する。

  • イ 創傷処置(熱傷に対するものを除く。)
    • (1)100c㎡以上
      500c㎡未満
    • (2)500c㎡以上
      3,000c㎡未満
  • ロ 皮膚科軟膏処置
    • (1)100c㎡以上
      500c㎡未満
    • (2)500c㎡以上
      3,000c㎡未満

注2 「注1」に掲げる処置に係る処置料は、所定点数に含まれるものとする。



スポンサーリンク

<通知>

J001-6 精神病棟等長期療養患者褥瘡等処置(1日につき)

(1)「注1」に掲げる処置には褥瘡処置及び重度褥瘡処置を含む。

<H30 保医発0305第1号>

(2)入院期間が1年を超える入院中の患者に対して行った褥瘡処置、重度褥瘡処置が、「注1」に掲げるもの以外の創傷処置又は皮膚科軟膏処置である場合は、長期療養患者褥瘡等処置の所定点数により算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(3)結核病棟又は精神病棟に入院している患者であって入院期間が1年を超えるものに対して、ドレーン法を行った場合は、その種類又は回数にかかわらず精神病棟等長期療養患者褥瘡等処置として、1日につき所定点数を算定する。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

診療報酬点数表2018
【通則】

第2章 特掲診療料

第9部 処置
【通則】

第1節 処置料

(一般処置)

J001-6 精神病棟等長期療養患者褥瘡等処置

(問142)「J001-5」長期療養者褥瘡等処置、「J001-6」精神病棟等長期療養患者褥瘡等処置について、入院期間が1年を超える入院中の患者に対して褥瘡処置を行った場合は、本項目の所定点数に従って算定するとされているが、1年を超える入院患者であっても、一度在宅等に戻り、その後改めて入院した場合であれば、入院期間はリセットされ、改めて「J001-4」重度褥瘡処置を算定することはできるのか。

(答)入院起算日の考え方に準ずる。すなわち、

  • ・退院後、一度治癒したがその後再発して同一の保険医療機関又は特別の関係の保険医療機関に入院した場合
  • ・退院の日から起算して3ヶ月以上他の医療機関又は介護老人保健施設に入院・入所することなく経過した後、再入院した場合

には入院期間がリセットされる。

<H22/3/29 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク



スポンサーリンク