モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

J022-5 持続的難治性下痢便ドレナージ(開始日)

50点



スポンサーリンク

<通知>

J022-5 持続的難治性下痢便ドレナージ(開始日)

(1)持続的難治性下痢便ドレナージは、救命救急入院料、特定集中治療室管理料、ハイケアユニット入院医療管理料、脳卒中ケアユニット入院医療管理料又は無菌治療室管理加算を現に算定している患者であって、2時間に1回以上の反復する難治性の下痢便を認める患者又は肛門周囲熱傷を伴う患者に対し、急性期患者の皮膚・排泄ケアを実施するための適切な知識・技術を有する医師又は看護師が、便の回収を持続的かつ閉鎖的に行う機器を用いて行った場合に算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(2)持続的難治性下痢便ドレナージは、当該技術に関する十分な経験を有する医師又は5年以上の急性期患者の看護に従事した経験を有し、急性期患者の皮膚・排泄ケア等に係る適切な研修を修了した看護師が実施することがのぞましい。
 なお、ここでいう急性期患者への看護等に係る適切な研修とは、次の事項に該当する研修のことをいう。

  • ア】国及び医療機関団体等が主催する研修であること。

    (6月以上の研修期間で、修了証が交付されるもの)

  • イ】急性期看護又は排泄ケア関連領域における専門的な知識・技術を有する看護師の養成を目的とした研修であること。

<H30 保医発0305第1号>

(3)開始日については、当該点数で算定し、2日目以降は区分番号「J002」ドレーン法(ドレナージ)(1日につき)の「2」その他のもので算定する。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

診療報酬点数表2018
【通則】

第2章 特掲診療料

第9部 処置
【通則】

第1節 処置料

(一般処置)

J022-5 持続的難治性下痢便ドレナージ(開始日)

(問164)「J022-5」持続的難治性下痢便ドレナージを実施できる看護師の要件にある「急性期患者の皮膚・排泄ケア等に係る適切な研修」とは、どのような研修か。

(答)研修については以下の内容を満たすものであり、研修には、実習により、事例に基づくアセスメントと急性期看護又は排泄ケア関連領域に必要な看護実践が含まれること。

  • (イ)急性期看護又は排泄ケア関連領域に必要な看護理論および医療制度等の概要
  • (ロ)看護倫理
  • (ハ)医療安全管理
  • (ニ)急性期看護又は排泄ケア関連領域に関するアセスメントと看護実践
  • (ホ)急性期看護又は排泄ケア関連領域の患者及び家族の支援方法
  • (ヘ)コンサルテーション方法

<H24/3/30 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問165)「J022-5」持続的難治性下痢便ドレナージの看護師の要件である研修の内容が事務連絡の上記問164に示されているが、具体的にはどのような研修があるのか。

(答)現時点では、以下のいずれかの研修である。
 日本看護協会認定看護師教育課程「皮膚・排泄ケア」「救急看護」「集中ケア」の研修

<H24/3/30 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク



スポンサーリンク