モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

第9部 処置

通則1 処置の費用は、第1節の各区分の所定点数により算定する。
 この場合において、処置に当たって通常使用される保険医療材料の費用は、第1節の各区分の所定点数に含まれるものとする。

通則2 処置に当たって、第2節に掲げる医療機器等、薬剤又は別に厚生労働大臣が定める保険医療材料(以下この部において「特定保険医療材料」という。)を使用した場合は、前号により算定した点数及び第2節、第3節又は第4節の各区分の所定点数を合算した点数により算定する。

通則3 第1節に掲げられていない処置であって簡単な処置の費用は、薬剤又は特定保険医療材料を使用したときに限り、第3節又は第4節の各区分の所定点数のみにより算定する。

通則4 第1節に掲げられていない処置であって特殊な処置の処置料は、同節に掲げられている処置のうちで最も近似する処置の各区分の所定点数により算定する。

通則5 緊急のために休日に処置を行った場合又はその開始時間が保険医療機関の表示する診療時間以外の時間若しくは深夜である処置を行った場合において、当該処置の費用は、次に掲げる点数を、それぞれ所定点数に加算した点数により算定する。

イ 処置の所定点数が1,000点以上の場合であって、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において行われる場合

(1)休日加算1

  所定点数の100分の160に相当する点数

(2)時間外加算1

(入院中の患者以外の患者に対して行われる場合に限る。)

  所定点数の100分の80に相当する点数

(3)深夜加算1

  所定点数の100分の160に相当する点数

(4)(1)から(3)までにかかわらず、区分番号「A000」に掲げる初診料の「注7」のただし書に規定する保険医療機関において、入院中の患者以外の患者に対して、その開始時間が同「注」のただし書に規定する時間である処置を行った場合

  所定点数の100分の80に相当する点数

ロ 処置の所定点数が150点以上の場合であって、入院中の患者以外の患者に対して行われる場合(「イ」に該当する場合を除く。)

(1)休日加算2

  所定点数の100分の80に相当する点数

(2)時間外加算2

  所定点数の100分の40に相当する点数

(3)深夜加算2

  所定点数の100分の80に相当する点数

(4)(1)から(3)までにかかわらず、区分番号「A000」に掲げる初診料の「注7」のただし書に規定する保険医療機関において、その開始時間が同「注」のただし書に規定する時間である処置を行った場合

  所定点数の100分の40に相当する点数

通則6 対称器官に係る処置の各区分の所定点数は、特に規定する場合を除き、両側の器官の処置料に係る点数とする。



スポンサーリンク

<通知>

第9部 処置<通則>

1 処置の費用は、第1節処置料及び第2節処置医療機器等加算、第3節薬剤料又は第4節特定保険医療材料料に掲げる所定点数を合算した点数によって算定する。
 この場合において、処置に当たって通常使用される包帯(頭部・頸部・躯幹等固定用伸縮性包帯を含む。)、ガーゼ等衛生材料、患者の衣類及び保険医療材料の費用は、所定点数に含まれており、別に算定できない。
 なお、処置に用いる衛生材料を患者に持参させ、又は処方箋により投与するなど患者の自己負担とすることは認められない。

<H30 保医発0305第1号>

2 特に規定する場合を除き、患者に対して特定保険医療材料又は薬剤を支給したときは、これに要する費用として、特定保険医療材料については「特定保険医療材料及びその材料価格(材料価格基準)」の定めるところにより、薬剤については「使用薬剤の薬価(薬価基準)」の定めるところにより算定する。
 なお、この場合、薬剤費の算定の単位は1回に使用した総量の価格であり、患者に対して施用した場合に限り、特に規定する場合を除き算定できるものであるが、投薬の部に掲げる処方料、調剤料、処方箋料及び調剤技術基本料並びに注射の部に掲げる注射料は、別に算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

3 浣腸、注腸、吸入、100c㎡未満の第1度熱傷の熱傷処置、100c㎡未満の皮膚科軟膏処置、洗眼、点眼、点耳、簡単な耳垢栓除去、鼻洗浄、狭い範囲の湿布処置その他第1節処置料に掲げられていない処置であって簡単な処置(簡単な物理療法を含む。)の費用は、基本診療料に含まれるものとし、別に算定することはできない。
 なお、処置に対する費用が別に算定できない場合(処置後の薬剤病巣撒布を含む。)であっても、処置に際して薬剤を使用した場合には、第3節薬剤料に定めるところにより薬剤料を算定することはできる。

<H30 保医発0305第1号>

4 「通則5」の入院中の患者以外の患者に対する処置の休日加算1時間外加算1又は深夜加算1(以下「時間外等加算1」という。)は、次の「ア」又は「イ」の場合であって、所定点数が1,000点以上の緊急処置の場合についてのみ算定できる。

ア】区分番号「A000」の「注7」、区分番号「A001」の「注5」、区分番号「A002」の「注8」に規定する加算を算定する初診又は再診に引き続き行われた場合。
 ただし、区分番号「A000」の「注9」又は区分番号「A001」の「注7」に規定する夜間・早朝等加算を算定する初診若しくは再診に引き続き行われた場合は対象とならない。
 なお、当該処置の開始時間が入院手続の後であっても、当該加算は算定できる。

イ】初診又は再診に引き続いて、緊急処置に必要不可欠な検査等を行った後、速やかに緊急処置(休日に行うもの又はその開始時間が診療時間以外の時間若しくは深夜であるものに限る。)を開始した場合であって、当該初診又は再診から処置の開始時間までの間が8時間以内である場合

(当該処置の開始時間が入院手続きの後の場合を含む。)

<H30 保医発0305第1号>

5 「通則5」の休日加算2時間外加算2又は深夜加算2(以下「時間外加算等2」という。)は、区分番号「A000」の「注7」、区分番号「A001」の「注5」、区分番号「A002」の「注8」に規定する加算を算定する初診又は再診に引き続き行われた所定点数が150点以上の緊急処置の場合についてのみ算定できるものであり、区分番号「A000」の「注9」又は区分番号「A001」の「注7」に規定する夜間・早朝等加算を算定する初診若しくは再診に引き続き行われた場合又は入院中の患者に対して行われた場合については対象とならない。
 なお、当該処置の開始時間が入院手続の後であっても当該加算は算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

<一部訂正 H30/6/21 事務連絡>

6 「通則5」の入院中の患者に対する処置の休日加算1又は深夜加算1は、病状の急変により、休日に緊急処置を行った場合又は開始時間が深夜である緊急処置を行った場合であって、所定点数が1,000点以上の緊急処置を行った場合に算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

7 「通則5」の時間外等加算1は、当該加算を算定するものとして、地方厚生(支)局長に届出を行っている診療科において処置を実施した場合に限り算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

8 処置の開始時間とは、患者に対し直接施療した時とする。
 なお、処置料において「1日につき」とあるものは午前0時より午後12時までのことであり、午前0時前に処置を開始し、午前0時以降に処置が終了した場合には、処置を行った初日のみ時間外加算等を算定し、午前0時以降の2日目については算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

9 処置が保険医療機関又は保険医の都合により時間外となった場合は時間外加算等は算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

10 時間外加算等に係る「所定点数」とは、第1節処置料に掲げられた点数及び各注による加算(プラスチックギプス加算及びギプスに係る乳幼児加算を含む。)を合計した点数であり、第2節、第3節及び第4節における費用は含まない。

<H30 保医発0305第1号>

11 「4」から「10」までに規定する他、時間外加算等の取扱いについては、初診料における場合と同様である。

<H30 保医発0305第1号>

12 「通則6」における「特に規定する場合」とは、処置名の末尾に「片側」、「1肢につき」等と記入したものをいう。
 両眼に異なる疾患を有し、それぞれ異なった処置を行った場合は、その部分についてそれぞれ別に算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

13 第1節に掲げられていない特殊な処置の処置料は、その都度当局に内議し、最も近似する処置として準用が通知された算定方法により算定する。

<H30 保医発0305第1号>

14 血腫、膿腫その他における穿刺は、新生児頭血腫又はこれに準ずる程度のものに対して行う場合は、区分番号「J059-2」血腫、膿腫穿刺により算定できるが、小範囲のものや試験穿刺については、算定できない。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク




スポンサーリンク



第9部 処置【通則】

(問26)医療型短期入所サービス費又は医療型特定短期入所サービス費を算定している短期入所中の者について、第9部処置の通則5の「ロ」に定める、入院中の患者以外の患者に対して行われる場合に算定できる休日・時間外・深夜加算は算定可能か。

(答)算定不可。

<H28/6/14 事務連絡:疑義解釈資料(その4)>



スポンサーリンク




スポンサーリンク