モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

K083 鋼線等による直達牽引(初日。観血的に行った場合の手技料を含む。)(1局所につき)

3,010点

注 介達牽引又は消炎鎮痛等処置と併せて行った場合は、鋼線等による直達牽引の所定点数のみにより算定する。



スポンサーリンク

<通知>

K083 鋼線等による直達牽引(初日。観血的に行った場合の手技料を含む。)(1局所につき)

(1)鋼線等を用いて観血的に牽引を行った場合に算定する。
 なお、鋼線等による直達牽引には、鋼線牽引法、双鋼線伸延法及び直達頭蓋牽引法を含む。

<H30 保医発0305第1号>

(2)当該鋼線等による直達牽引のうち初日に行ったものについて所定点数を算定する。
 なお、鋼線等の除去の費用は、所定点数に含まれ、別に算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(3)1局所とは、上肢の左右、下肢の左右及び頭より尾頭までの躯幹のそれぞれをいい、全身を5局所に分けるものである。

<H30 保医発0305第1号>

(4)区分番号「J118」介達牽引、区分番号「J118-2」矯正固定、区分番号「J118-3」変形機械矯正術、区分番号「J119」消炎鎮痛等処置、区分番号「J119-2」腰部又は胸部固定帯固定、区分番号「J119-3」低出力レーザー照射又は区分番号「J119-4」肛門処置を併せて行った場合であっても、本区分の所定点数のみにより算定する。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク