モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

K126 脊椎、骨盤骨(軟骨)組織採取術(試験切除によるもの)

1 棘突起、腸骨翼

3,150点

2 その他のもの

4,510点



スポンサーリンク

<通知>

K126 脊椎、骨盤骨(軟骨)組織採取術(試験切除によるもの)



スポンサーリンク

K126 脊椎、骨盤骨(軟骨)組織採取術(試験切除によるもの)

(問12)コンドリアーゼを使用した技術料は、何により算定できるか。

(答)日本脊椎脊髄病学会及び日本脊髄外科学会等が認定した施設において、コンドリアーゼを用いて後縦靱帯下脱出型の腰椎椎間板ヘルニアに治療を行った場合は、区分番号「K126」 脊椎、骨盤骨(軟骨)組織採取術(試験切除によるもの)「2」その他のもの4,510点を準用して算定する。
 算定に当たっては、学会から認定された施設であることを証する文書の写しを添付すること。

<H30/5/25 事務連絡:疑義解釈資料(その4)>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク