モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

K134 椎間板摘出術 脊1

1 前方摘出術

40,180点

2 後方摘出術

23,520点

3 側方摘出術

28,210点

4 経皮的髄核摘出術

15,310点

注 「2」について、2以上の椎間板の摘出を行う場合には、1椎間を増すごとに、複数椎間板加算として、所定点数に所定点数の100分の50に相当する点数を加算する。
 ただし、加算は4椎間を超えないものとする。



スポンサーリンク

<通知>

K134 椎間板摘出術

 椎間板摘出術の「4」経皮的髄核摘出術については、1椎間につき2回を限度とする。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

K134 椎間板摘出術

(問4)脊椎の同一高位に区分番号「K134」椎間板摘出術と区分番号「K142」脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)、又は、区分番号「K134-2」内視鏡下椎間板摘出(切除)術」と区分番号「K131-2」内視鏡下椎弓切除術を一連として実施した場合は、主たる手術の所定点数に従たる手術の所定点数が含まれるか。

(答)そのとおり。

<H31/4/17 事務連絡:疑義解釈資料(その14)>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク