モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

K142-2 脊椎側彎症手術 脊1 立体

1 固定術 麻酔

55,950点

2 矯正術

イ 初回挿入

112,260点

ロ 交換術

48,650点

ハ 伸展術

20,540点

注 「1」及び「2」の「ロ」(胸郭変形矯正用材料を用いた場合に限る。)について、椎間が以上の場合は、1椎間を増すごとに所定点数に所定点数の100分の50に相当する点数を加算する。
 ただし、加算は4椎間を超えないものとする。



スポンサーリンク

<通知>

K142-2 脊椎側彎症手術

(1)「注」に規定する胸郭変形矯正用材料を用いた場合とは、「2」の「ロ」交換術を行う場合を指しており、「1」の場合には適用されない。

<H30 保医発0305第1号>

(2)矯正術を前提として行われるアンカー補強手術(foundation作成)は区分番号「K142」脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)の「2」後方又は後側方固定にて算定する。
 また、その一連の治療として数か月後に行われる矯正術は「2」の「ロ」交換術にて算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(3)「2」の「ロ」交換術とは、患者の成長に伴い、ロッド又はグレードルを含めた全体の交換が必要となった場合の術式を指す。
 一部のクリップ等を交換し、固定位置の調整等を行った場合は「ハ」伸展術にて算定する。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク