モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

K443 上顎骨形成術 通5 創外 立体

1 単純な場合

27,880点

2 複雑な場合及び2次的再建の場合

45,510点

3 骨移動を伴う場合 通4

72,900点

注1 「1」について、上顎骨を複数に分割した場合は、5,000点を所定点数に加算する。

注2 「3」については、先天奇形に対して行われた場合に限り算定する。



スポンサーリンク

<通知>

K443 上顎骨形成術

(1)「1」単純な場合とは上顎骨発育不全症又は外傷後の上顎骨後位癒着等に対し、Le FortⅠ型切離により移動を図る場合をいう。

<H30 保医発0305第1号>

(3)「2」複雑な場合及び2次的再建の場合とは、「1」と同様の症例に対し、Le FortⅡ型若しくはLe FortⅢ型切離により移動する場合又は悪性腫瘍手術等による上顎欠損症に対し2次的骨性再建を行う場合をいう。

<H30 保医発0305第1号>

(2)「注1」に規定する加算は、上顎骨発育不全症、外傷後の上顎骨後位癒着、上顎前突症、開咬症又は過蓋咬合症等に対し、Le FortⅠ型切離を行い、上顎骨を複数に分割して移動させた場合に算定する。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

診療報酬点数表2018
【通則】

第2章 特掲診療料

第10部 手術
【通則】

第1節 手術料

第6款 顔面・口腔・頸部

顔面骨、顎関節

上顎骨形成術
(骨移動を伴う場合に限る。)
【施設基準】



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク