モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

K476-3 動脈(皮)弁及び筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後)

1 一次的に行うもの

49,120点

2 二次的に行うもの

53,560点



スポンサーリンク

<通知>

K476-3 動脈(皮)弁及び筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後)

 乳房再建術(乳房切除後)は、動脈(皮)弁術及び筋(皮)弁術を実施した場合に算定する。
 なお、区分番号「K017」遊離皮弁術(顕微鏡下血管柄付きのもの)を実施した場合は、区分番号「K017」遊離皮弁術(顕微鏡下血管柄付きのもの)の所定点数のみを算定し、本区分の所定点数は別に算定できない。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

診療報酬点数表2018
【通則】

第2章 特掲診療料

第10部 手術
【通則】

第1節 手術料

第7款 胸部

(乳腺)

K476-3 動脈(皮)弁及び筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後)

(問13)人工乳房を用いて乳房再建術を行った場合は、「K476-3」乳房再建術(乳房切除後)の点数に準じて算定できることになっているが、一次一期的再建の場合は、「1」一期的に行うもの、一次二期的再建及び二次再建の場合は、「2」二期的に行うものを算定するという理解でよいか。

(答)そのとおり。

<H25/8/6 事務連絡:疑義解釈資料(その15)>

(問14)人工乳房が保険適用される前(平成25年7月1日より前)に、乳房全摘術を施行した場合であっても、人工乳房の使用に際して「K476-3」乳房再建術(乳房切除後)を保険請求することができるのか。

(答)できる。ただし、乳腺悪性腫瘍手術後であることを確認できる診療録(臨床症状・手術日・術式等)が必要である。

<H25/8/6 事務連絡:疑義解釈資料(その15)>

(問16)人工乳房の破裂等により再手術を施行した場合は、「K476-3」乳房再建術(乳房切除後)の点数に準じて算定してよいか。

(答)よい。なお、その際は「1 一期的に行うもの」を算定する。
 ただし、人工乳房を挿入した目的が乳腺悪性腫瘍手術後の乳房再建術以外であった場合は、保険診療の対象外であり、すべて自由診療となる。

<H25/8/6 事務連絡:疑義解釈資料(その15)>

(問17)乳癌の予防目的のために全摘術を施行した場合、乳房再建術を算定することは可能か。

(答)保険診療の対象外であり、人工乳房の使用や筋皮弁術の実施の有無に関わらず算定不可。

<H25/8/6 事務連絡:疑義解釈資料(その15)>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク