モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 通4

25,000点



スポンサーリンク

<通知>

K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)

(1)乳腺腫瘍に対する乳房切除術又は乳腺悪性腫瘍手術後の乳房再建術にゲル充填人工乳房を用いた場合に限り算定できる。

<H30 保医発0305第1号>

(2)乳腺腫瘍に対する乳房切除術又は乳腺悪性腫瘍手術後の乳房再建術を行う症例で、次のいずれかに該当した場合に限り算定できる。
 その際、次のいずれに該当するかを診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。

  • ア】一次一期的再建の場合

      大胸筋が温存され皮膚欠損が生じない乳輪乳頭温存皮下乳腺全摘術を行った症例。
     ただし、乳腺悪性腫瘍術後の場合においては、術前診断においてStageⅡ以下で、皮膚浸潤、大胸筋浸潤や高度のリンパ節転移を認めないこと。

  • イ】一次二期的再建の場合

      乳腺全摘術時に組織拡張器が挿入され、十分に皮膚が拡張されている症例。

  • ウ】二次再建の場合

      乳腺全摘術後で大胸筋が残存しており、初回手術で組織拡張器が挿入され十分に皮膚が拡張されているか、皮弁移植術などにより皮膚の不足が十分に補われている、あるいは十分に補われることが見込まれる症例。
     ただし、放射線照射により皮膚の血行や弾力性が障害されていないこと。

<H30 保医発0305第1号>

(3)乳房切除術又は乳腺悪性腫瘍手術と乳房再建術を行う医療機関が異なる場合は、双方の持つ臨床情報、手術日、術式等を示す文書を相互に交付した上で、診療録に添付して保存すること。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク