モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

K677-2 肝門部胆管悪性腫瘍手術 通5 凝固 縫1 凍結

1 血行再建あり 麻酔

180,990点

2 血行再建なし

101,090点



スポンサーリンク

<通知>

K677-2 肝門部胆管悪性腫瘍手術

(1)「1」は門脈又は肝動脈血行再建を併施した場合に算定する。

<H30 保医発0305第1号>

(2)肝切除を伴う肝外胆道悪性腫瘍切除術についても、本区分で算定する。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

診療報酬点数表2018
【通則】

第2章 特掲診療料

第10部 手術
【通則】

第1節 手術料

第9款 腹部

(胆嚢、胆道)

K677-2 肝門部胆管悪性腫瘍手術

(問147)今回改定で新設された「K677-2」肝門部胆管悪性腫瘍術については、第10部手術の通則5に掲げる手術に該当するため、新たに様式72による届出が必要か。

(答)通則5及び6に掲げる手術を実施するものとして様式72の届出を行っていない保険医療機関については、新たに様式72による届出が必要となる。
 ただし、通則5及び6に掲げる手術を実施するものとして様式72の届出を行っている保険医療機関については、既に当該届出を行っているものと考えられることから、新たな届出は不要である。
 なお、様式72による届出については、すべてその実績を記載することとし、実績がゼロの場合には該当欄に「0」と記載することとされているが(「疑義解釈資料の送付について(その2)」(平成18年3月28日医療課事務連絡))、該当欄に「0」と記載されていない場合であっても、実績が「0」と記載されているものとみなし、改めて様式72の届出を行う必要はないものであること。

<H22/3/29 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク