モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

K678 体外衝撃波胆石破砕術(一連につき) 通4 電極

16,300点



スポンサーリンク

<通知>

K678 体外衝撃波胆石破砕術(一連につき)

(1)当該技術の適応となる胆石は、次の要件を満たすもののうち、胆石破砕術の適応となるものである。

  • ア】胆嚢結石症の既往があるもの
  • イ】胆嚢に炎症がなく、胆嚢機能が良好な胆嚢結石症又は肝内・総胆管内結石症

<H30 保医発0305第1号>

(2)「一連」とは、治療の対象となる疾患に対して所期の目的を達するまでに行う一連の治療過程をいう。
 数日の間隔をおいて一連の治療過程にある数回の体外衝撃波胆石破砕を行う場合は、所定点数を1回に限り算定するものであり、その後に行われた同一目的の手術の費用は、所定点数に含まれ別に算定できない。

<H30 保医発0305第1号>

(3)体外衝撃波胆石破砕によっては所期の目的が達成できず、他の手術手技を行った場合の費用は、所定点数に含まれ別に算定できない。

<H30 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

診療報酬点数表2018
【通則】

第2章 特掲診療料

第10部 手術
【通則】

第1節 手術料

第9款 腹部

(胆嚢、胆道)

体外衝撃波胆石破砕術
【施設基準】



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク