モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

病院の入院基本料等に関する施設基準



スポンサーリンク

<通知>

第2 病院の入院基本料等に関する施設基準

19 一般病棟入院基本料、結核病棟入院基本料、精神病棟入院基本料、専門病院入院基本料、障害者施設等入院基本料における夜間看護体制特定日減算について

  当該減算は、許可病床数が100床未満の病院において、夜間、病棟の看護職員が一時的に救急外来で勤務する間、病棟の看護職員体制は、看護職員1名を含め看護職員と看護補助者を合わせて2名以上であること。
 ただし、当該時間帯の入院患者数が30人以下の場合は、看護職員1名で差し支えない。
 加えて、当該時間帯に当該病棟の看護職員が一時的に救急外来で勤務する間、当該病棟の看護に支障がないと当該病棟を担当する医師及び看護の管理者が判断した場合に限ること。

<H30 保医発0305第2号>



スポンサーリンク

夜間看護体制特定日減算

(問51)入院患者数が31人以上の場合は、看護補助者の配置が求められているが、当該看護補助者は当該日の夜勤帯に常時配置が必要か。

(答)少なくとも看護職員の数が一時的に2人未満となる時間帯において配置していること。

<H30/3/30 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問52)夜間看護体制特定日減算は、夜間看護職員が2人未満となった1つの病棟のみではなく、当該入院料を届け出る全ての病棟の患者において算定するのか。

(答)当該入院料を届け出る全ての病棟において算定する。なお、地域包括ケア病棟入院料に係る当該減算は病棟ごとに算定する。

<H30/3/30 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>






スポンサーリンク