モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

七 障害者施設等入院基本料の施設基準等

(1)通則

  障害者施設等一般病棟は、次のいずれかに該当する病棟であること。

イ 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第42条第2号に規定する医療型障害児入所施設(主として肢体不自由のある児童又は重症心身障害児(同法第7条第2項に規定する重症心身障害児をいう。以下同じ。)を入所させるものに限る。)又は同法第6条の2の2第3項に規定する指定発達支援医療機関に係る一般病棟であること。

ロ 次のいずれにも該当する一般病棟であること。

①重度の肢体不自由児(者)(脳卒中の後遺症の患者及び認知症の患者を除く。第八の九の(1)において同じ。)、脊髄損傷等の重度障害者(脳卒中の後遺症の患者及び認知症の患者を除く。第八の九の(1)並びに第九の八の(1)の「イ」及び十二の(1)の「イ」において同じ。)、重度の意識障害者、筋ジストロフィー患者、難病患者等をおおむね7割以上入院させている病棟であること。

②当該病棟において、1日に看護を行う看護職員及び看護補助を行う看護補助者の数は、常時、当該病棟の入院患者の数が10又はその端数を増すごとに1以上であること。
 ただし、当該病棟において、1日に看護を行う看護職員及び看護補助を行う看護補助者の数が本文に規定する数に相当する数以上である場合には、各病棟における夜勤を行う看護職員及び看護補助者の数は、本文の規定にかかわらず、看護職員を含む2以上であること(障害者施設等入院基本料の「注11」の場合を除く。)とする。
 なお、主として事務的業務を行う看護補助者を含む場合は、1日に事務的業務を行う看護補助者の数は、常時、当該病棟の入院患者の数が200又はその端数を増すごとにに相当する数以下であること。

(2)障害者施設等入院基本料の「注1」に規定する入院基本料の施設基準

イ 7対1入院基本料の施設基準

①(1)の「イ」に該当する病棟であって、当該病棟において、1日に看護を行う看護職員の数は、常時、当該病棟の入院患者の数が又はその端数を増すごとに1以上であること。
 ただし、当該病棟において、1日に看護を行う看護職員の数が本文に規定する数に相当する数以上である場合には、各病棟における夜勤を行う看護職員の数は、本文の規定にかかわらず、2以上であること(障害者施設等入院基本料の「注11」の場合を除く。)とする。

②当該病棟において、看護職員の最小必要数の7割以上が看護師であること。

③当該病棟の入院患者のうち、第八の十の(2)に規定する超重症の状態の患者と同(3)に規定する準超重症の状態の患者との合計が3割以上であること。

ロ 10対1入院基本料の施設基準

①当該病棟において、1日に看護を行う看護職員の数は、常時、当該病棟の入院患者の数が10又はその端数を増すごとに1以上であること。
 ただし、当該病棟において、1日に看護を行う看護職員の数が本文に規定する数に相当する数以上である場合には、各病棟における夜勤を行う看護職員の数は、本文の規定にかかわらず、2以上であること(障害者施設等入院基本料の「注11」の場合を除く。)とする。

②当該病棟において、看護職員の最小必要数の7割以上が看護師であること。

ハ 13対1入院基本料の施設基準

①当該病棟において、1日に看護を行う看護職員の数は、常時、当該病棟の入院患者の数が13又はその端数を増すごとに1以上であること。
 ただし、当該病棟において、1日に看護を行う看護職員の数が本文に規定する数に相当する数以上である場合には、各病棟における夜勤を行う看護職員の数は、本文の規定にかかわらず、2以上であること(障害者施設等入院基本料の「注11」の場合を除く。)とする。

②当該病棟において、看護職員の最小必要数の7割以上が看護師であること。

ニ 15対1入院基本料の施設基準

①当該病棟において、1日に看護を行う看護職員の数は、常時、当該病棟の入院患者の数が15又はその端数を増すごとに1以上であること。
 ただし、当該病棟において、1日に看護を行う看護職員の数が本文に規定する数に相当する数以上である場合には、各病棟における夜勤を行う看護職員の数は、本文の規定にかかわらず、2以上であること(障害者施設等入院基本料の「注11」の場合を除く。)とする。

②当該病棟において、看護職員の最小必要数の4割以上が看護師であること。

(3)障害者施設等入院基本料の「注2」に規定する厚生労働大臣が定めるもの

  夜勤を行う看護職員の1人当たりの月平均夜勤時間数が72時間以下であること。

(4)障害者施設等入院基本料の「注2」に規定する厚生労働大臣が定める場合

  当該保険医療機関が、過去1年間において、一般病棟入院基本料の「注2」ただし書に規定する月平均夜勤時間超過減算若しくは一般病棟入院基本料の「注7」に規定する夜勤時間特別入院基本料、結核病棟入院基本料の「注2」ただし書に規定する月平均夜勤時間超過減算若しくは結核病棟入院基本料の「注6」に規定する夜勤時間特別入院基本料、精神病棟入院基本料の「注2」ただし書に規定する月平均夜勤時間超過減算若しくは精神病棟入院基本料の「注9」に規定する夜勤時間特別入院基本料又は障害者施設等入院基本料の「注2」に規定する月平均夜勤時間超過減算を算定したことのある保険医療機関である場合

(5)障害者施設等入院基本料の「注5」に規定する厚生労働大臣が定める状態等にある患者

  別表第四に掲げる患者

(6)特定入院基本料及び障害者施設等入院基本料の「注6」に規定する点数に含まれる画像診断及び処置の費用並びに含まれない除外薬剤・注射薬の費用

  特定入院基本料又は障害者施設等入院基本料の「注6」に規定する点数を算定する患者に対して行った別表第五に掲げる画像診断及び処置の費用(フィルムの費用を含む。)は、当該入院基本料に含まれるものとし、別表第五の一の二に掲げる薬剤及び注射薬の費用は、当該入院基本料に含まれないものとする。

(7)障害者施設等入院基本料の「注9」に規定する看護補助加算の施設基準

  次のいずれにも該当すること。

イ 当該病棟において、1日に看護補助を行う看護補助者の数は、常時、当該病棟の入院患者の数が30又はその端数を増すごとにに相当する数以上であること。

ロ 当該病棟において、夜勤を行う看護補助者の数は、常時、当該病棟の入院患者の数が75又はその端数を増すごとにに相当する数以上であること。

ハ 7対1入院基本料又は10対1入院基本料を算定する病棟であること。

ニ 看護職員の負担軽減及び処遇改善に資する体制が整備されていること。

(8)障害者施設等入院基本料の「注10」に規定する夜間看護体制加算の施設基準

イ 夜間における看護業務の負担の軽減に資する十分な業務管理等の体制が整備されていること。

ロ 障害者施設等入院基本料の「注9」に規定する看護補助加算に係る届出を行った病棟であること。

(9)障害者施設等入院基本料の「注11」に規定する厚生労働大臣が定める保険医療機関

  許可病床数が100床未満のものであること。

(10)障害者施設等入院基本料の「注11」に規定する厚生労働大臣が定める日

  次のいずれにも該当する各病棟において、夜間の救急外来を受診した患者に対応するため、当該各病棟のいずれか一病棟において夜勤を行う看護職員の数が、一時的に2未満となった日

イ 看護職員の数が一時的に2未満となった時間帯において、患者の看護に支障がないと認められること。

ロ 看護職員の数が一時的に2未満となった時間帯において、看護職員及び看護補助者の数が、看護職員を含む2以上であること。
 ただし、入院患者数が30人以下の場合にあっては、看護職員の数が1以上であること。



スポンサーリンク

<通知>

第2 病院の入院基本料等に関する施設基準

4の9 障害者施設等入院基本料に係る7対1入院基本料を算定する病棟について

  「基本診療料の施設基準等」第五の七の(2)の「イ」の③については、直近1か月における当該病棟に入院する超重症児(者)及び準超重症児(者)の数の和の1日平均を、直近1か月における当該病棟に入院する患者数の1日平均で除して算出する。

<H30 保医発0305第2号>

16 「基本診療料の施設基準等」の第五の七障害者施設等入院基本料の対象となる病棟は、次のいずれかの基準を満たすものをいう。
 ただし、7対1入院基本料の対象となる病棟は、次の(1)のいずれかの基準を満たすものに限る。
 なお、(2)の要件を満たすものとして届出を行う場合には、別添7の様式19を用いること。

(1)次のいずれかに該当する一般病棟

  • ア】児童福祉法(昭和22年法律第164号)第42条第2号に規定する医療型障害児入所施設

    (主として肢体不自由のある児童又は重症心身障害児(同法第7条第2項に規定する重症心身障害児をいう。以下同じ。)を入所させるものに限る。)

  • イ】児童福祉法第6条の2の2第3項に規定する指定発達支援医療機関

(2)次のいずれにも該当する一般病棟

ア】重度の肢体不自由児(者)(脳卒中の後遺症の患者及び認知症の患者を除く。以下単に「重度の肢体不自由児(者)」という。)、脊髄損傷等の重度障害者(脳卒中の後遺症の患者及び認知症の患者を除く。以下単に「脊髄損傷等の重度障害者」という。)、重度の意識障害者、筋ジストロフィー患者、難病患者等を概ね7割以上入院させている病棟であること。
 なお、重度の意識障害者とは、次に掲げるものをいうものであり、病因が脳卒中の後遺症であっても、次の状態である場合には、重度の意識障害者となる。

  • (イ)意識障害レベルがJCS(Japan Coma Scale)でⅡ-3(又は30)以上又はGCS (Glasgow Coma Scale)で8点以下の状態が2週以上持続している患者
  • (ロ)無動症の患者

    (閉じ込め症候群、無動性無言、失外套症候群等)

イ】当該病棟において、1日に看護を行う看護職員及び看護補助を行う看護補助者の数は、常時、当該病棟の入院患者の数が10又はその端数を増すごとに1以上であること。
 ただし、当該病棟において、1日に看護を行う看護職員及び看護補助を行う看護補助者の数が前段に規定する数に相当する数以上である場合には、各病棟における夜勤を行う看護職員及び看護補助者の数は、前段の規定にかかわらず、看護職員を含む2以上であることとする。

<H30 保医発0305第2号>

<一部訂正 H30/6/21 事務連絡>

17 障害者施設等入院基本料の「注9」に規定する看護補助加算について

(1)当該病棟において、1日に看護補助を行う看護補助者の数は、常時、当該病棟の入院患者の数が30又はその端数を増すごとにに相当する数以上であること。

(2)当該病棟において、夜勤を行う看護補助者の数は、常時、当該病棟の入院患者の数が75又はその端数を増すごとにに相当する数以上であること。

(3)看護補助者の配置については、各病棟の入院患者の状態等保険医療機関の実情に応じ、同一の入院基本料を届け出ている病棟間を含め、曜日や時間帯によって一定の範囲で傾斜配置できる。

(4)看護職員の負担の軽減及び処遇の改善に資する体制を整備していること。
 当該体制については、「12」の(3)の例による。

(5)看護補助加算に係る看護補助業務に従事する看護補助者は、基礎知識を習得できる内容を含む院内研修を年1回以上受講した者であること。
 ただし、院内研修を受講していない場合にあっては、平成31年3月31日までに受講予定であれば、差し支えないものとする。
 なお、研修内容については、「12」の(4)の例による。

(6)当該病棟において、看護職員と看護補助者との業務内容及び業務範囲について、年1回以上見直しを行うこと。
 また、所定の研修を修了した(修了証が交付されているもの)看護師長等が配置されていることが望ましいこと。
 なお、所定の研修の内容については、「12」の(5)の例による。

<H30 保医発0305第2号>

18 障害者施設等入院基本料の「注10」に規定する夜間看護体制加算について

  次に掲げる夜間における看護業務の負担軽減に資する業務管理等に関する項目のうち、4項目以上を満たしていること。
 ただし、当該加算を算定する病棟が2交代制勤務又は変則2交代制勤務を行う病棟のみで構成される保険医療機関である場合は、(1)及び(3)から(7)までのうち、4項目以上を満たしていること。

(1)当該病棟において、夜勤を含む交代制勤務に従事する看護要員の勤務終了時刻と直後の勤務の開始時刻の間が11時間以上であること。

(2)3交代制勤務又は変則3交代制勤務の病棟において、夜勤を含む交代制勤務に従事する看護要員の勤務開始時刻が、直近の勤務の開始時刻の概ね24時間後以降となる勤務編成であること。

(3)当該病棟において、夜勤を含む交代制勤務に従事する看護要員の連続して行う夜勤の数が2回以下であること。

(4)当該保険医療機関において、所属部署以外の部署を一時的に支援するために、夜勤時間帯を含めた各部署の業務量を把握・調整するシステムが構築されており、かつ、部署間での業務標準化に取り組み、過去1年間に当該システムを夜勤時間帯に運用した実績があること。

(5)当該加算に係る看護補助業務に従事する看護補助者の業務のうち5割以上が療養生活上の世話であること。

(6)当該病棟において、みなし看護補助者を除いた看護補助者の比率が5割以上であること。

(7)当該保険医療機関において、夜勤時間帯を含めて開所している院内保育所を設置していること。

(8)(1)から(4)まで、(6)及び(7)の留意点については、別添3の第4の3の「9」の(3)と同様であること。

<H30 保医発0305第2号>

<一部訂正 H30/4/25 事務連絡>



スポンサーリンク

障害者施設等入院基本料の施設基準等

【看護補助加算】

(問55)看護補助者への研修は、全ての看護補助者に対して実施しなければならないのか。

(答)当該加算に係る看護補助業務に従事する看護補助者は、院内研修を年1回以上受講した者である必要がある。
 ただし、当該看護補助者が介護福祉士等の介護業務に関する研修を受けている場合はこの限りでないが、医療安全や感染防止等、医療機関特有の内容については、院内研修を受講する必要がある。

<H30/3/30 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク




スポンサーリンク