モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

二十六の二 重度アルコール依存症入院医療管理加算の施設基準等

(1)重度アルコール依存症入院医療管理加算の施設基準

  アルコール依存症の診療を行うにつき必要な体制が整備されていること。

(2)重度アルコール依存症入院医療管理加算の対象患者

  入院治療が必要なアルコール依存症の患者



スポンサーリンク

<通知>

第17の3 重度アルコール依存症入院医療管理加算

1 重度アルコール依存症入院医療管理加算の施設基準

(1)精神科を標榜する保険医療機関であること。

<H30 保医発0305第2号>

(2)当該保険医療機関に常勤の精神保健指定医が2名以上配置されていること。
 なお、週3日以上常態として勤務しており、かつ、所定労働時間が週24時間以上の勤務を行っている精神保健指定医である非常勤医師を2名以上組み合わせることにより、当該常勤医師の勤務時帯と同じ時間帯にこれらの非常勤医師が配置されている場合には、当該医師の実労働時間を常勤換算し常勤医師数に算入することができる。

<H30 保医発0305第2号>

(3)当該保険医療機関にアルコール依存症に係る適切な研修を修了した医師1名以上及び看護師、作業療法士、精神保健福祉士又は公認心理師がそれぞれ1名以上配置されていること。
 ただし、看護師、作業療法士、精神保健福祉士又は公認心理師については少なくともいずれか1名が研修を修了していること。
 研修については、以下の要件を満たすものであること。

ア】医師の研修については、アルコール依存症に関する専門的な知識及び技術を有する医師の養成を目的とした20時間以上を要する研修で、次の内容を含むものであること。

  • (イ)アルコール精神医学
  • (ロ)アルコールの公衆衛生学
  • (ハ)アルコール依存症と家族
  • (ニ)再飲酒防止プログラム
  • (ホ)アルコール関連問題の予防
  • (ヘ)アルコール内科学及び生化学
  • (ト)病棟実習

イ】看護師の研修については、アルコール依存症に関する専門的な知識及び技術を有する看護師の養成を目的とした25時間以上を要する研修で、次の内容を含むものであること。

  • (イ)アルコール依存症の概念と治療
  • (ロ)アルコール依存症者の心理
  • (ハ)アルコール依存症の看護・事例検討
  • (ニ)アルコール依存症と家族
  • (ホ)アルコールの内科学
  • (ヘ)病棟実習

ウ】精神保健福祉士・公認心理師等の研修については、アルコール依存症に関する専門的な知識及び技術を有する精神保健福祉士・公認心理師等の養成を目的とした25時間以上を要する研修で、次の内容を含むものであること。

  • (イ)アルコール依存症の概念と治療
  • (ロ)アルコール依存症のインテーク面接
  • (ハ)アルコール依存症と家族
  • (ニ)アルコールの内科学
  • (ホ)アルコール依存症のケースワーク・事例検討
  • (ヘ)病棟実習

<H30 保医発0305第2号>

(4)必要に応じて、当該保険医療機関の精神科以外の医師が治療を行う体制が確保されていること。

<H30 保医発0305第2号>

(5)平成31年3月31日までの間、平成30年3月31日時点で臨床心理技術者であった者について、公認心理師とみなす。
 平成31年4月1日から当分の間、以下のいずれかの要件に該当する者を公認心理師とみなす。

  • ア】平成31年3月31日時点で、臨床心理技術者として保険医療機関に従事していた者
  • イ】公認心理師に係る国家試験の受験資格を有する者

<H30 保医発0305第2号>

2 届出に関する事項

  重度アルコール依存症入院医療管理加算の施設基準に係る届出は、別添7の様式32の3を用いること。

<H30 保医発0305第2号>



スポンサーリンク




スポンサーリンク



重度アルコール依存症入院医療管理加算の施設基準等

(問56)重度アルコール依存症入院医療管理加算の要件として、「当該保険医療機関にアルコール依存症に係る適切な研修を修了した医師、研修を修了した看護師、作業療法士、精神保健福祉士又は臨床心理技術者がそれぞれ1名以上配置されていること。」とあるが、適切な研修とはどのようなものを指すのか。

(答)研修については、以下の要件を満たすものであること。

(1)医師に行う研修については、アルコール依存症に関する専門的な知識及び技術を有する医師の養成を目的とした20時間以上を要する研修で、次の内容を含むものであること。

  • ア】アルコール精神医学
  • イ】アルコールの公衆衛生学
  • ウ】アルコール依存症と家族
  • エ】再飲酒防止プログラム
  • オ】アルコール関連問題の予防
  • カ】アルコール内科学及び生化学
  • キ】病棟実習

(2)看護師に行う研修については、アルコール依存症に関する専門的な知識及び技術を有する看護師の養成を目的とした25時間以上を要する研修で、次の内容を含むものであること。

  • ア】アルコール依存症の概念と治療
  • イ】アルコール依存症者の心理
  • ウ】アルコール依存症の看護・事例検討
  • エ】アルコール依存症と家族
  • オ】アルコールの内科学
  • カ】病棟実習

(3)精神保健福祉士・臨床心理技術者等に行う研修については、アルコール依存症に関する専門的な知識及び技術を有する精神保健福祉士・臨床心理技術者等の養成を目的とした25時間以上を要する研修で、次の内容を含むものであること。

  • ア】アルコール依存症の概念と治療
  • イ】アルコール依存症のインテーク面接
  • ウ】アルコール依存症と家族
  • エ】アルコールの内科学
  • オ】アルコール依存症のケースワーク・事例検討
  • カ】病棟実習

<H22/3/29 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問57)重度アルコール依存症入院医療管理加算の要件として、研修を修了していることが必要なのは、医師及び看護師か、又は、作業療法士等も含めて研修を修了している必要があるのか。

(答)医師は必ず研修を修了している必要がある。
 看護師、作業療法士、精神保健福祉士、臨床心理技術者については少なくともいずれか1名が研修を修了している必要がある。

<H22/3/29 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク





スポンサーリンク