モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

二十六の三 摂食障害入院医療管理加算の施設基準等

(1)摂食障害入院医療管理加算の施設基準

  摂食障害の診療を行うにつき必要な体制が整備されていること。

(2)摂食障害入院医療管理加算の対象患者

  重度の摂食障害により著しい体重の減少が認められる患者



スポンサーリンク

<通知>

第17の4 摂食障害入院医療管理加算の施設基準

1 摂食障害入院医療管理加算の施設基準

(1)摂食障害の年間新規入院患者数(入院期間が通算される再入院の場合を除く。)が10人以上であること。

<H30 保医発0305第2号>

(2)摂食障害の専門的治療の経験を有する常勤の医師、管理栄養士及び公認心理師がそれぞれ1名以上当該保険医療機関に配置されていること。
 なお、摂食障害の専門的治療の経験を有する常勤の医師の配置について、週3日以上常態として勤務しており、かつ、所定労働時間が週24時間以上の勤務を行っている非常勤医師(摂食障害の専門的治療の経験を有する医師に限る。)を2名以上組み合わせることにより、常勤医師の勤務時間帯と同じ時間帯にこれらの非常勤医師が配置されている場合には、当該基準を満たしていることとみなすことができる。

<H30 保医発0305第2号>

(3)精神療法を行うために必要な面接室を有していること。

<H30 保医発0305第2号>

(4)平成31年3月31日までの間、平成30年3月31日時点で臨床心理技術者であった者について、公認心理師とみなす。
 平成31年4月1日から当分の間、以下のいずれかの要件に該当する者を公認心理師とみなす。

  • ア】平成31年3月31日時点で、臨床心理技術者として保険医療機関に従事していた者
  • イ】公認心理師に係る国家試験の受験資格を有する者

<H30 保医発0305第2号>

2 届出に関する事項

  摂食障害入院医療管理加算の施設基準に係る届出は、別添7の様式32の4を用いること。

<H30 保医発0305第2号>



スポンサーリンク

摂食障害入院医療管理加算の施設基準等

(問)摂食障害入院医療管理加算の要件として、「摂食障害の専門的治療の経験を有する常勤の医師、臨床心理技術者、管理栄養士等が当該保険医療機関に配置されていること」とあるが、このうち1人でも配置されていれば施設基準を満たすと考えてよいか。

(答)医師、臨床心理技術者及び管理栄養士は全て配置されている必要がある。

<H22/3/29 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク




スポンサーリンク