モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

二十八 栄養サポートチーム加算の施設基準等

(1)栄養サポートチーム加算の施設基準

イ 栄養管理に係る診療を行うにつき十分な体制が整備されていること。

ロ 当該加算の対象患者について栄養治療実施計画を作成するとともに、当該患者に対して当該計画が文書により交付され、説明がなされるものであること。

ハ 当該患者の栄養管理に係る診療の終了時に栄養治療実施報告書を作成するとともに、当該患者に対して当該報告書が文書により交付され、説明がなされるものであること。

(2)栄養サポートチーム加算の対象患者

  栄養障害の状態にある患者又は栄養管理を行わなければ栄養障害の状態になることが見込まれる患者であって、栄養管理計画が策定されているものであること。

(3)栄養サポートチーム加算の「注2」に規定する厚生労働大臣が定める地域

  別表第六の二に掲げる地域

(4)栄養サポートチーム加算の「注2」に規定する施設基準

イ 一般病棟入院基本料(急性期一般入院料1を除く。)を算定する病棟(特定機能病院及び許可病床数が400床以上の病院の病棟並びに診療報酬の算定方法第1号ただし書に規定する別に厚生労働大臣が指定する病院の病棟を除く。)であること。

ロ 栄養管理に係る診療を行うにつき必要な体制が整備されていること。

ハ 当該加算の対象患者について栄養治療実施計画を作成するとともに、当該患者に対して当該計画が文書により交付され、説明がなされるものであること。

ニ 当該患者の栄養管理に係る診療の終了時に栄養治療実施報告書を作成するとともに、当該患者に対して当該報告書が文書により交付され、説明がなされるものであること。



スポンサーリンク

<通知>

第19 栄養サポートチーム加算

1 栄養サポートチーム加算に関する施設基準

(1)当該保険医療機関内に、以下から構成される栄養管理に係るチーム(以下「栄養サポートチーム」という。)が設置されていること。
 また、以下のうちのいずれか1人は専従であること。
 ただし、当該栄養サポートチームが診察する患者数が1日に15人以内である場合は、いずれも専任で差し支えない。

  • ア】栄養管理に係る所定の研修を修了した専任の常勤医師
  • イ】栄養管理に係る所定の研修を修了した専任の常勤看護師
  • ウ】栄養管理に係る所定の研修を修了した専任の常勤薬剤師
  • エ】栄養管理に係る所定の研修を修了した専任の常勤管理栄養士

  なお、「ア」から「エ」までのほか、歯科医師、歯科衛生士、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、言語聴覚士が配置されていることが望ましい。
 「注2」に規定する点数を算定する場合は、以下から構成される栄養サポートチームにより、栄養管理に係る専門的な診療が行われていること。

  • ア】栄養管理に係る所定の研修を修了した常勤医師
  • イ】栄養管理に係る所定の研修を修了した看護師
  • ウ】栄養管理に係る所定の研修を修了した薬剤師
  • エ】栄養管理に係る所定の研修を修了した管理栄養士

<H30 保医発0305第2号>

(2)(1)の「ア」における栄養管理に係る所定の研修とは、医療関係団体等が実施する栄養管理のための専門的な知識・技術を有する医師の養成を目的とした10時間以上を要する研修であること。
 なお、当該研修には、次の内容を含むものであること。

  • ア】栄養不良がもたらす影響
  • イ】栄養評価法と栄養スクリーニング
  • ウ】栄養補給ルートの選択と栄養管理プランニング
  • エ】中心静脈栄養法の実施と合併症及びその対策
  • オ】末梢静脈栄養法の実施と合併症及びその対策
  • カ】経腸栄養法の実施と合併症及びその対策
  • キ】栄養サポートチームの運営方法と活動の実際

<H30 保医発0305第2号>

(3)(1)の「イ」、「ウ」及び「エ」における栄養管理に係る所定の研修とは、次の事項に該当する研修であること。

ア】医療関係団体等が認定する教育施設において実施され、40時間以上を要し、当該団体より修了証が交付される研修であること。

イ】栄養管理のための専門的な知識・技術を有する看護師、薬剤師及び管理栄養士等の養成を目的とした研修であること。
 なお、当該研修には、次の内容を含むものであること。

  • (イ)栄養障害例の抽出・早期対応(スクリーニング法)
  • (ロ)栄養薬剤・栄養剤・食品の選択・適正使用法の指導
  • (ハ)経静脈栄養剤の側管投与法・薬剤配合変化の指摘
  • (ニ)経静脈輸液適正調剤法の取得
  • (ホ)経静脈栄養のプランニングとモニタリング
  • (ヘ)経腸栄養剤の衛生管理・適正調剤法の指導
  • (ト)経腸栄養・経口栄養のプランニングとモニタリング
  • (チ)簡易懸濁法の実施と有用性の理解
  • (リ)栄養療法に関する合併症の予防・発症時の対応
  • (ヌ)栄養療法に関する問題点・リスクの抽出
  • (ル)栄養管理についての患者・家族への説明・指導
  • (ヲ)在宅栄養・院外施設での栄養管理法の指導

<H30 保医発0305第2号>

(4)当該保険医療機関において、栄養サポートチームが組織上明確に位置づけられていること。

<H30 保医発0305第2号>

(5)算定対象となる病棟の見やすい場所に栄養サポートチームによる診療が行われている旨の掲示をするなど、患者に対して必要な情報提供がなされていること。

<H30 保医発0305第2号>

2 届出に関する事項

  栄養サポートチーム加算の施設基準に係る届出は、別添7の様式34を用いること。
 なお、当該加算の届出については実績を要しない。

<H30 保医発0305第2号>



スポンサーリンク




スポンサーリンク



栄養サポートチーム加算の施設基準等

(問61)日本静脈経腸栄養学会が、当該学会が認定した教育施設において、合計40時間の実地修練を修了した場合に修了証を交付している。
 看護師、薬剤師又は管理栄養士がこの修了証の交付を受けた場合、栄養サポートチーム加算にある所定の研修を修了したといえるか。
 あるいは、当該学会が認定している「NST専門療法士」の資格を得なければならないのか。

(答)当該学会が認定した教育施設における合計40時間の実地修練を修了し、修了証が交付されれば、所定の研修を修了したということができる。
 なお、本加算の算定にあたっては、その他の認定資格を要しない。

<H22/3/29 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問62)栄養サポートチーム加算の平成23年3月31日までの経過措置について、例えば管理栄養士が専従の場合、医師と管理栄養士が研修を修了しており、看護師と薬剤師が研修修了見込みであれば、算定可能ということか。

(答)そのとおり。なお、この場合において、看護師及び薬剤師が所定の研修を修了して修了証を交付された時点で、すみやかに地方厚生(支)局長に届け出ること。

<H22/3/29 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問5)栄養サポートチーム加算にある、所定の研修として、日本栄養士会の「栄養サポートチーム担当者研修会」、日本健康・栄養システム学会の「栄養サポートチーム研修」及び日本健康・栄養システム学会の臨床栄養師となるために必要な研修は、該当するのか。

(答)これらの研修は、いずれも合計40時間以上の研修であり、必要な研修内容を満たしているものであり、所定の研修としてみなされる。

<H22/6/11 事務連絡:疑義解釈資料(その5)>

(問6)日本栄養士会が行っているTNT-D(Total Nutritional Therapy Training for Dietitians)は、栄養サポートチーム加算にある所定の研修とみなされるのか。
 また、TNT-Dと併せて、日本栄養士会が行うTNT-D追加研修(12時間以上の講義かつ16時間以上の臨床研修)を行った場合は、所定の研修とみなされるのか。

(答)TNT-Dは、栄養サポートチーム加算にある所定の研修の内容としては不十分であり、所定の研修とは認められないが、TNT-Dと併せて、TNT-D追加研修を修了した場合には、合計40時間の研修となり、必要な研修内容を満たすものとなるため、栄養サポートチーム加算にある所定の研修とみなすことができる。

<H22/6/11 事務連絡:疑義解釈資料(その5)>

(問6)看護師、薬剤師又は管理栄養士が日本病態栄養学会の「NSTセミナー(新規研修コース)」を修了した場合又は看護師が日本看護協会の認定看護師(摂食・嚥下障害看護)となるために必要な研修を修了した場合は、栄養サポートチーム加算にある、所定の研修を修了したとみなされるのか。

(答)これらの研修は、いずれも合計40時間以上の研修であり、必要な研修内容を満たしているものであり、所定の研修を修了したとしてみなされる。

<H22/7/28 事務連絡:疑義解釈資料(その6)>

(問7)日本病態栄養学会のNSTコーディネーターとなるために必要な研修を看護師、薬剤師又は管理栄養士が修了した場合、栄養サポートチーム加算にある所定の研修を修了したものとみなされるのか。
 また、NSTコーディネーターとなるために必要な研修と併せて、看護師、薬剤師又は管理栄養士が日本病態栄養学会の行うNSTセミナー(追加研修コース)を修了した場合は、所定の研修を修了したとみなされるのか。

(答)NSTコーディネーターとなるために必要な研修は、栄養サポートチーム加算にある所定の研修の内容としては不十分であり、所定の研修とは認められないが、NSTコーディネーターとなるために必要な研修と併せて、NSTセミナー(追加研修コース)を修了した場合には、合計40時間の研修となり、必要な研修内容を満たすものとなるため、栄養サポートチーム加算にある所定の研修を修了したとみなすことができる。

<H22/7/28 事務連絡:疑義解釈資料(その6)>

(問8)医師が、日本静脈経腸栄養学会の認定教育施設における指導医の資格要件となっている研修を修了した場合または日本病態栄養学会のNSTコーディネーターとなるために必要な研修を修了した場合は、栄養サポートチーム加算にある、所定の研修を修了したとみなされるのか。

(答)これらの研修は、いずれも合計10時間以上の研修であり、必要な研修内容を満たしているものであり、所定の研修を修了したとしてみなされる。

<H22/7/28 事務連絡:疑義解釈資料(その6)>

(問1)医療関係団体等が認定する教育施設において、看護師、薬剤師及び管理栄養士に対して行う栄養サポートチーム加算に係る40時間以上の研修は、10時間以上の臨地での研修を含んでいなければならないのか。

(答)その通り。

<H23/4/1 事務連絡:疑義解釈資料(その8)>

(問2)医師が、日本健康・栄養システム学会の「栄養サポートチーム医師研修」を修了した場合、栄養サポートチーム加算にある所定の研修を修了したとみなされるのか。

(答)この研修は、合計10時間以上の研修であり、必要な研修内容を満たしているものであることから、所定の研修を修了したとしてみなされる。

<H23/4/1 事務連絡:疑義解釈資料(その8)>

(問3)医師が、日本病院会の「医師とメディカルスタッフのための栄養管理セミナー」を修了した場合、栄養サポートチーム加算にある、所定の研修を修了したとみなされるのか。

(答)当該研修は、合計10時間以上の研修であり、必要な研修内容を満たしているものであり、所定の研修を修了したとしてみなされる。

<H24/9/21 事務連絡:疑義解釈資料(その9)>



スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク