モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

三 小児科外来診療料の「注2」に規定する厚生労働大臣が定める薬剤

 パリビズマブ

三の二 小児科外来診療料の「注4」に規定する小児抗菌薬適正使用支援加算の施設基準

(1)抗菌薬の適正な使用を推進するための体制が整備されていること。

(2)当該保険医療機関が病院の場合にあっては、データ提出加算2に係る届出を行っていること。



スポンサーリンク

<通知>

第5 小児科外来診療料の届出に関する事項及び小児抗菌薬適正使用支援加算の施設基準

1 小児科外来診療料の届出に関する事項

  小児科外来診療料については、小児科を標榜する保険医療機関であればよく、特に地方厚生(支)局長に対して、届出を行う必要はないこと。

<H30 保医発0305第3号>

2 小児抗菌薬適正使用支援加算の施設基準

  薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン(平成28年4月5日国際的に脅威となる感染症対策関係閣僚会議)に位置づけられた「地域感染症対策ネットワーク(仮称)」に係る活動に参加し、又は感染症にかかる研修会等に定期的に参加していること。

<H30 保医発0305第3号>

3 小児抗菌薬適正使用支援加算の施設基準の届出に関する事項

  当該基準を満たしていればよく、特に地方厚生(支)局長に対して、届出を行う必要はないこと。

<H30 保医発0305第3号>



スポンサーリンク

小児科外来診療料

【小児抗菌薬適正使用支援加算】

(問127)感染症対策ネットワーク(仮称)に係る活動とはなにか。

(答)複数の医療機関や介護施設、自治体等と連携し、感染予防・管理についての情報共有や研修の実施などを定期的に行うこと。

<H30/3/30 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問128)「感染症に係る研修会等に定期的に参加していること。」について、研修会等とは、どのようなものが該当するか。
 また、定期的な期間は、どれくらいの期間か。

(答)小児科もしくは感染症に関係する学会や医師会等が開催する抗菌薬の適正使用に資する研修会等に1 年に1 回以上参加していること。
 なお、病院においては保険医療機関内で行う抗菌薬の適正使用に資する研修会でも差し支えないが、この場合は、当該保険医療機関以外の医師も参加対象とした研修会であること。

<H30/3/30 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク