モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

九の六 肝炎インターフェロン治療計画料の施設基準

(1)肝疾患に関する専門の保険医療機関であること。

(2)当該保険医療機関内に肝炎インターフェロン治療を行うにつき十分な経験を有する専任の医師が配置されていること。



スポンサーリンク

<通知>

第11の5 肝炎インターフェロン治療計画料

1 肝炎インターフェロン治療計画料に関する施設基準

(1)肝疾患に関する専門的な知識を持つ医師による診断(活動度及び病期を含む。)と治療方針の決定が行われていること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)インターフェロン等の抗ウイルス療法を適切に実施できる体制を有していること。

<H30 保医発0305第3号>

(3)肝がんの高危険群の同定と早期診断を適切に実施できる体制を有していること。

<H30 保医発0305第3号>

2 届け出に関する事項

  肝炎インターフェロン治療計画料の施設基準に係る届出は、別添2の様式13の6を用いること。

<H30 保医発0305第3号>



スポンサーリンク



スポンサーリンク