モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

七 地域医療連携体制加算の施設基準

(1)診療所であること。

(2)夜間、休日等における緊急時の体制を継続的に確保するため、診療報酬の算定方法別表第二歯科診療報酬点数表(以下「歯科点数表」という。)区分番号「A000」に掲げる初診料の「注2」の届出を行った病院である保険医療機関及びその他の歯科の保険医療機関との連携による地域医療支援体制を備えていること。



スポンサーリンク

<通知>

第17 歯科訪問診療料に係る地域医療連携体制加算

1 歯科訪問診療料に係る地域医療連携体制加算に関する施設基準

(1)歯科を標榜する診療所である保険医療機関であること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)当該保険医療機関において、次の「ア」に該当する保険医療機関及び「イ」に該当する保険医療機関との連携により、緊急時の歯科診療ができる連携体制を確保していること。

ア】歯科点数表区分番号「A000」に掲げる初診料の「注2」の届出を行った地域歯科診療支援病院歯科である保険医療機関で次の要件を満たしていること。

①緊急時に当該患者に対する歯科診療を行う体制を確保していること。

②在宅歯科医療の調整担当者を1名以上配置していること。

③患者に関する診療記録管理を行うにつき必要な体制が整備されていること。

イ】当該患者に対する歯科訪問診療を行う体制が整備されている保険医療機関であること。

<H30 保医発0305第3号>

(3)当該連携保険医療機関において緊急時に円滑な対応ができるよう、あらかじめ患者又はその家族の同意を得て、その治療等に必要な情報を連携保険医療機関に対してあらかじめ別添2の様式21の2又はこれに準じた様式の文書をもって提供し、その写しを診療録に添付しておくこと。

<H30 保医発0305第3号>

(4)地域医療連携体制加算を算定する保険医療機関にあっては、患者又はその家族等に連携保険医療機関の名称、住所、在宅歯科医療の調整担当者又は担当の歯科医師の氏名及び連絡方法等を記載した別添2の様式21の2及び様式21の3又はこれに準じた様式の文書を必ず交付することにより、地域医療連携体制の円滑な運営を図るものであること。

<H30 保医発0305第3号>

2 届出に関する事項

  地域医療連携体制加算の施設基準に係る届出は別添2の様式21を用いること。

<H30 保医発0305第3号>



スポンサーリンク



スポンサーリンク