モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

十六 有床義歯咀嚼機能検査の施設基準

(1)当該検査を行うにつき十分な体制が整備されていること。

(2)当該検査を行うにつき十分な機器を有していること。

十七 咀嚼能力検査の施設基準

(1)当該検査を行うにつき十分な体制が整備されていること。

(2)当該検査を行うにつき十分な機器を有していること。

十八 咬合圧検査の施設基準

(1)当該検査を行うにつき十分な体制が整備されていること。

(2)当該検査を行うにつき十分な機器を有していること。



スポンサーリンク

<通知>

第29の5 有床義歯咀嚼機能検査、咀嚼能力検査及び咬合圧検査

1 有床義歯咀嚼機能検査、咀嚼能力検査及び咬合圧検査に関する施設基準

(1)有床義歯咀嚼機能検査1の「イ」の施設基準

  次のいずれにも該当すること。

ア】歯科補綴治療に係る専門の知識及び3年以上の経験を有する歯科医師が1名以上配置されていること。

イ】当該保険医療機関内に歯科用下顎運動測定器(非接触型)及び咀嚼能率測定用のグルコース分析装置を備えていること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)有床義歯咀嚼機能検査1の「ロ」及び咀嚼能力検査の施設基準

  次のいずれにも該当すること。

ア】歯科補綴治療に係る専門の知識及び3年以上の経験を有する歯科医師が1名以上配置されていること。

イ】当該保険医療機関内に咀嚼能率測定用のグルコース分析装置を備えていること。

<H30 保医発0305第3号>

<一部訂正 H30/3/30 事務連絡>

(3)有床義歯咀嚼機能検査2の「イ」の施設基準

  次のいずれにも該当すること。

ア】歯科補綴治療に係る専門の知識及び3年以上の経験を有する歯科医師が1名以上配置されていること。

イ】当該保険医療機関内に歯科用下顎運動測定器(非接触型)及び歯科用咬合力計を備えていること。

<H30 保医発0305第3号>

(4)有床義歯咀嚼機能検査2の「ロ」及び咬合圧検査の施設基準

  次のいずれにも該当すること。

ア】歯科補綴治療に係る専門の知識及び3年以上の経験を有する歯科医師が1名以上配置されていること。

イ】当該保険医療機関内に歯科用咬合力計を備えていること。

<H30 保医発0305第3号>

<一部訂正 H30/3/30 事務連絡>

2 届出に関する事項

  有床義歯咀嚼機能検査、咀嚼能力検査及び咬合圧検査の施設基準に係る届出は、別添2の様式38の1の2を用いること。

<H30 保医発0305第3号>



スポンサーリンク



スポンサーリンク