モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

四 外来後発医薬品使用体制加算の施設基準

(1)外来後発医薬品使用体制加算1の施設基準

イ 保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則(昭和32年厚生省令第16号。以下「薬担規則」という。)第7条の2に規定する後発医薬品(以下単に「後発医薬品」という。)の使用を促進するための体制が整備されている診療所であること。

ロ 当該保険医療機関において調剤した後発医薬品のある薬担規則第7条の2に規定する新医薬品(以下「先発医薬品」という。)及び後発医薬品を合算した薬剤の使用薬剤の薬価(薬価基準)(平成20年厚生労働省告示第60号)別表に規定する規格単位ごとに数えた数量(以下「規格単位数量」という。)に占める後発医薬品の規格単位数量の割合が8割5分以上であること。

ハ 当該保険医療機関において調剤した薬剤の規格単位数量に占める後発医薬品のある先発医薬品及び後発医薬品を合算した規格単位数量の割合が5割以上であること。

ニ 後発医薬品の使用に積極的に取り組んでいる旨を当該保険医療機関の見やすい場所に掲示していること。

(2)外来後発医薬品使用体制加算2の施設基準

イ 後発医薬品の使用を促進するための体制が整備されている診療所であること。

ロ 当該保険医療機関において調剤した後発医薬品のある先発医薬品及び後発医薬品を合算した規格単位数量に占める後発医薬品の規格単位数量の割合が7割5分以上であること。

ハ 当該保険医療機関において調剤した薬剤の規格単位数量に占める後発医薬品のある先発医薬品及び後発医薬品を合算した規格単位数量の割合が5割以上であること。

ニ 後発医薬品の使用に積極的に取り組んでいる旨を当該保険医療機関の見やすい場所に掲示していること。

(3)外来後発医薬品使用体制加算3の施設基準

イ 後発医薬品の使用を促進するための体制が整備されている診療所であること。

ロ 当該保険医療機関において調剤した後発医薬品のある先発医薬品及び後発医薬品を合算した規格単位数量に占める後発医薬品の規格単位数量の割合が7割以上であること。

ハ 当該保険医療機関において調剤した薬剤の規格単位数量に占める後発医薬品のある先発医薬品及び後発医薬品を合算した規格単位数量の割合が5割以上であること。

ニ 後発医薬品の使用に積極的に取り組んでいる旨を当該保険医療機関の見やすい場所に掲示していること。



スポンサーリンク

<通知>

第36の3 外来後発医薬品使用体制加算

1 外来後発医薬品使用体制加算に関する施設基準

(1)診療所であって、薬剤部門又は薬剤師が後発医薬品の品質、安全性、安定供給体制等の情報を収集・評価し、その結果を踏まえ後発医薬品の採用を決定する体制が整備されていること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)当該保険医療機関において調剤した後発医薬品のある先発医薬品及び後発医薬品について、当該薬剤を合算した使用薬剤の薬価(薬価基準)別表に規定する規格単位ごとに数えた数量(以下「規格単位数量」という。)に占める後発医薬品の規格単位数量の割合が、外来後発医薬品使用体制加算1にあっては85%以上外来後発医薬品使用体制加算2にあっては75%以上85%未満外来後発医薬品使用体制加算3にあっては70%以上75%未満であること。

<H30 保医発0305第3号>

(3)当該保険医療機関において調剤した薬剤((4)に掲げる医薬品を除く。)の規格単位数量に占める後発医薬品のある先発医薬品及び後発医薬品を合算した規格単位数量の割合が50%以上であること。

<H30 保医発0305第3号>

(4)後発医薬品の規格単位数量の割合を算出する際に除外する医薬品

  • ①経腸成分栄養剤
    • エレンタール配合内用剤、
    • エレンタールP乳幼児用配合内用剤、
    • エンシュア・リキッド、
    • エンシュア・H、
    • ツインラインNF配合経腸用液、
    • ラコールNF配合経腸用液、
    • エネーボ配合経腸用液及び
    • ラコールNF配合経腸用半固形剤
  • ②特殊ミルク製剤
    • フェニルアラニン除去ミルク配合散「雪印」及び
    • ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合散「雪印」
  • ③ 生薬(薬効分類番号510)
  • ④ 漢方製剤(薬効分類番号520)
  • ⑤ その他の生薬及び漢方処方に基づく医薬品

    (薬効分類番号590)

<H30 保医発0305第3号>

<一部訂正 H30/6/21 事務連絡>

(5)後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用に積極的に取り組んでいる旨を当該保険医療機関の受付及び支払窓口の見やすい場所に掲示していること。

<H30 保医発0305第3号>

2 届出に関する事項

  外来後発医薬品使用体制加算の施設基準に係る届出は、別添2の様式38の3を用いること。

<H30 保医発0305第3号>



スポンサーリンク

外来後発医薬品使用体制加算の施設基準等

(問10)区分番号「A243」後発医薬品使用体制加算及び区分番号「F100」の「注11」の外来後発医薬品使用体制加算において、当該保険医療機関で調剤した医薬品に、注射や在宅の部で算定され、直接患者に交付される薬剤は含まれるか。

(答)含まれる。

<H28/6/14 事務連絡:疑義解釈資料(その4)>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク