モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

二 エタノールの局所注入の施設基準

(1)甲状腺又は副甲状腺に対するエタノールの局所注入を行うにつき必要な器械・器具が具備されていること。

(2)甲状腺又は副甲状腺に対するエタノールの局所注入を行うにつき必要な体制が整備されていること。



スポンサーリンク

<通知>

第57 エタノールの局所注入

1 甲状腺に対する局所注入の診療料を算定するための施設基準

(1)甲状腺治療に関し、専門の知識及び5年以上の経験を有する医師が1名以上いること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)カラードプラエコー(解像度 7.5MHz以上)を備えていること。

<H30 保医発0305第3号>

2 副甲状腺に対する局所注入の診療料を算定するための施設基準

(1)副甲状腺治療に関し、専門の知識及び5年以上の経験を有する医師が1名以上いること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)カラードプラエコー(解像度 7.5MHz以上)を備えていること。

<H30 保医発0305第3号>

3 届出に関する事項

  エタノールの局所注入の施設基準に係る届出は別添2の様式49又は様式49の2を用いること。

<H30 保医発0305第3号>



スポンサーリンク



スポンサーリンク