モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

(2)頭蓋内腫瘍摘出術(脳腫瘍覚醒下マッピング加算又は原発性悪性脳腫瘍光線力学療法加算を算定する場合に限る。)の施設基準

イ 当該療養を行うにつき十分な専用施設を有している病院であること。

ロ 当該保険医療機関内に当該療養を行うにつき必要な医師及び看護師が配置されていること。



スポンサーリンク

<通知>

第58の2 頭蓋内腫瘍摘出術(脳腫瘍覚醒下マッピング加算を算定する場合に限る。)

1 頭蓋内腫瘍摘出術(脳腫瘍覚醒下マッピング加算を算定する場合に限る。)に関する施設基準

(1)脳神経外科及び麻酔科を標榜している病院であること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)当該療養を行うに当たり関係学会から認定された施設であること。

<H30 保医発0305第3号>

(3)5年以上の脳神経外科の経験を有しており、所定の研修を修了している常勤の医師が2名以上配置されており、そのうち1名以上は当該手術を主として実施する医師又は補助を行う医師として合わせて5例以上実施した経験を有すること。

<H30 保医発0305第3号>

(4)5年以上の麻酔科の経験を有しており、所定の研修を修了している常勤の医師が1名以上配置されていること。

<H30 保医発0305第3号>

(5)頭蓋内腫瘍摘出術を年間5例以上実施していること。

<H30 保医発0305第3号>

2 届出に関する事項

(1)頭蓋内腫瘍摘出術(脳腫瘍覚醒下マッピング加算を算定する場合に限る。)に係る届出は、別添2の様式51の2及び様式52を用いること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)脳神経外科を担当する医師の氏名、勤務の態様(常勤・非常勤、専従・非専従、専任・非専任の別)及び勤務時間を、別添2の様式4を用いて提出すること。

<H30 保医発0305第3号>

(3)関係学会より認定された施設であることを証する文書の写しを添付すること。

<H30 保医発0305第3号>

第58の3 頭蓋内腫瘍摘出術(原発性悪性脳腫瘍光線力学療法加算を算定する場合に限る。)

1 頭蓋内腫瘍摘出術(原発性悪性脳腫瘍光線力学療法加算を算定する場合に限る。)に関する施設基準

  次の要件のいずれにも該当する保険医療機関において実施された場合に算定する。

<H30 保医発0305第3号>

(1)脳神経外科を標榜している病院であること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)5年以上の脳神経外科の経験を有する常勤の医師が1名以上配置されており、このうち1名以上は関係学会から示されている悪性脳腫瘍患者に対する光線力学療法に関する所定の研修を修了していること。

<H30 保医発0305第3号>

(3)脳腫瘍摘出術中の病理検査が可能な体制が整っていること。

<H30 保医発0305第3号>

(4)脳腫瘍摘出術に伴う合併症への対応ができる体制が整っていること。

<H30 保医発0305第3号>

(5)当該療養に用いる機器について、適切に使用管理区域の設定がなされていること。

<H30 保医発0305第3号>

(6)悪性脳腫瘍患者に対する光線力学療法の研修プログラムを受講した機器管理責任者(医師又は臨床工学技士)が選定されており、本レーザ装置が適切に保守管理されていること。

<H30 保医発0305第3号>

(7)実際の手技に当たって、5年以上の脳神経外科の経験を有する常勤の医師であって関係学会から示されている所定の研修を修了している医師が1名以上参加すること。

<H30 保医発0305第3号>

2 届出に関する事項

(1)頭蓋内腫瘍摘出術(原発性悪性脳腫瘍光線力学療法加算を算定する場合に限る。)に係る届出は、別添2の様式51の3を用いること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)脳神経外科を担当する医師の氏名、勤務の態様(常勤・非常勤、専従・非専従、専任・非専任の別)及び勤務時間を、別添2の様式4を用いて提出すること。

<H30 保医発0305第3号>



スポンサーリンク



スポンサーリンク