モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

(2)仙骨神経刺激装置植込術、仙骨神経刺激装置交換術の施設基準

イ 当該療養を行うにつき十分な専用施設を有している病院であること。

ロ 当該保険医療機関内に当該療養を行うにつき必要な医師及び看護師が配置されていること。



スポンサーリンク

<通知>

第60の2 仙骨神経刺激装置植込術及び仙骨神経刺激装置交換術

1 仙骨神経刺激装置植込術、仙骨神経刺激装置交換術(便失禁に対して実施する場合)に関する施設基準

(1)大腸肛門疾患の診療の経験を5年以上有する常勤の医師が2名以上配置されており、そのうち1名以上は所定の研修を修了していること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)大腸肛門疾患の診療の経験を5年以上有する常勤の医師で、所定の研修を修了している者が実施すること。

<H30 保医発0305第3号>

(3)緊急事態に対応するための体制が整備されていること。

<H30 保医発0305第3号>

(4)関係学会から示されている指針に基づき、当該手術が適切に実施されていること。

<H30 保医発0305第3号>

2 仙骨神経刺激装置植込術、仙骨神経刺激装置交換術(過活動膀胱に対して実施する場合)に関する施設基準

(1)下部尿路機能障害の診療の経験を5年以上有する常勤の医師が2名以上配置されており、そのうち1名以上は所定の研修を修了していること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)下部尿路機能障害の診療の経験を5年以上有する常勤の医師で、所定の研修を修了している者が実施すること。

<H30 保医発0305第3号>

(3)緊急事態に対応するための体制が整備されていること。

<H30 保医発0305第3号>

(4)関係学会から示されている指針に基づき、当該手術が適切に実施されていること。

<H30 保医発0305第3号>

3 届出に関する事項

(1)仙骨神経刺激装置植込術及び仙骨神経刺激装置交換術に係る届出は、別添2の様式53を用いて適応ごとにそれぞれ提出すること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)当該治療に従事する医師の氏名、勤務の態様(常勤・非常勤、専従・非専従、専任・非専任の別)及び勤務時間を、別添2の様式4を用いて提出すること。

<H30 保医発0305第3号>



スポンサーリンク

仙骨神経刺激装置植込術の施設基準

(問68)仙骨神経刺激装置植込術及び仙骨神経刺激装置交換術の要件にある所定の研修とは、どのような研修か。

(答)現時点では、日本大腸肛門病学会の開催する仙骨神経刺激療法講習会である。

<H26/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

<一部訂正 H26/5/1 事務連絡:疑義解釈資料(その5)>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク